FC2ブログ
高齢亜弥ヲタの活動記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春の亜弥紺
気力も体力も全て松浦さんに吸い取られてしまいました、しあわせ☆
25・26は座間で4連戦してきました。詳細は 紺レポ板にて。

たぶんハロプロのライブに3桁は参戦してると思うのですが、これほど強烈なインパクトを受けたのは初めてです。とにかく充実してます。これを文章で的確に表現できる能力が無いのが無念。

春ツアーは全公演制覇しようと考えていたのですが、今の松浦さんにこんな勝負を挑むのは無謀だと知りました、それも緒戦で。
最終的に全部埋めようと、まばらにチケを手配してきたことに少し後悔してたり…
だけど自分のペースで極力参戦しようと思います。

そんな中、FC先行チケの抽選結果は惨憺たるもの。NUNは緒戦郡山のみ当選、松浦さんキャプテン公演は全敗と、1勝7敗(涙)。またオク頼みですわ。

今日27日は回復に努めました。DVDマガジンのキャプでもしようかと思いはしたのですが、結局その気力が起きずじまい。なんとか週明けの仕事に立ち向かうところまでは持ってこれました。

本当に今回の松浦さんはスゴいです。ぜひ見に行くべきです。
スポンサーサイト
準備はこれから
夜半から雪、昨日との気温差は年老いた体にこたえます(爆)
明日からは松浦さん春ツアーだというのに。連日深夜まで仕事をして、どうにか開幕戦への時間をこじ開けました。

今年は新春から良いライブに何本も足を運べて、ラッキーだと思ってます。
が、本番はこれからなのです。このために仕事をして稼いでいるのです。

だけど明日の準備はまだまだ。「ずっと 好きでいいですか」もフラゲして1回聞いたっきりになってしまってます。予習しないと。ツアーグッズも確認しとかないと。

疑い無く楽しい☆
またメロンレビュー&コンサート
19夜と20夜もメロンレビュー&コンサートに通ってきました。
いやぁ~、良いものを見せていただきました。

19日はメロン記念日デビュー5周年の記念日。夜の部の1階K列から参戦しました。
そりゃもうライブがすごい盛りあがり。DVD撮影が入っていたようなので、ぜひ見てください、「ENDLESS YOUTH」でのヲタ大合唱を観察できるはずです。
アンコール待ちでのメロンハッピーバースデー大合唱もあったのですが、むしろ「ENDLESS YOUTH」で終わってしまった方が印象強いライブだったと思います。
私もキーが合わないにもかかわらず絶叫気味に歌ってしまいました(というか、いつも歌っているんですが)。超渋初日のこの曲も良かったのですが、あの時は先にステージの4人が盛り上がっていました。今回は客席の大合唱に4人が乗せられていった感じです。もうホントに良い曲ですね~、熱くなれます。

20日はなっち&メロンコラボの最終日。夜の部2階C列からです。
レビューはこれまでのものとは全く別モノに感じられる内容。アドリブ連発で、村田さんメガネが5mもふっとぶほど絶好調!2次審査の曲もハローの曲オンリーだったのが、この回はヤングマンにUFOにセーラー服を脱がさないでにマツケンサンバまで!
ライブでも金モールが噴出する演出。

とにかく酒の肴が途切れることのない2公演でした。

結局日本青年館には11日なっち復活初回・17日メロン初回・19日メロン誕生日・20日千秋楽と、都合4回通ったのですが、良いめぐり合わせの公演に参戦できました。
ライブは生モノっていう良い部分がてんこ盛りでした。

さぁ、いよいよ次の金曜日からは松浦さんのツアーが始まります。私にとっての本番です。
ここに来てすっごく良いカンジで突入できそうです。
メロンレビュー
仕事を30分早上がりして、日本青年館メロンレビュー初日公演に行ってきました。
(ちょっとネタばれあります。)

開場前にばったりしみずっ!!さんとハヤさんに遭遇。しみずっ!!さんは今年ハロー初参戦しかも最前ってことで、冷静さを装ってはいますが興奮がこっちに伝わってきます。

レビュー部分がなっちの時と同じであれば、あゆみちゃん推ししかも最前の人間はとても耐え切れないはず。この点での注意を喚起してから会場入り。
平日だからでしょうか、2階席に客を入れてませんでした。ベリかキッズの誰かが2階席に来てたって後から聞きました。

レビュー部は基本的になっちの時と同じで、若干メロンメインらしいアレンジが入っていました。
間の小休憩、しみずっ!!さんは予想通り目の焦点が定まらない状態になってしまっていました。ふらふらとした足取りでふらふらと歩き回ってました。

コンサート部、久々(といっても2ヶ月ぶり)ですが、やはりメロン紺の雰囲気は良いですね~。1時間という短さがやはりちょっと不満です。
で、あの「肉体は正直なEROS」、これはポップジャム公録で初めて見た時の衝撃があまりに強かった。初物の貴重さをあらためて実感しました。

終了後、おふたりと千駄ヶ谷駅前の居酒屋へ。
そこで、メロン紺未体験の某なっち推しの方が、無謀にも明日から5連戦すると聞き、人ごとながら非常に心配になってしまいました。
そんなこんなで23時まで居座ってしまいました。

いよいよ来週からの亜弥紺に向けて、徐々に盛り上げて行きます。というわけで土日1つずつメロンレビューに出席します。
会社につくウソ
なんとか来期予算の提出にこぎつけました。ダメが出ること覚悟してますけど、とりあえずひと山越えました。

さあ、やり残してる事を片付けないと…
さてと、亜弥紺のチケ手配でしょ、まずは直近に迫った座間から。オクを覗いて来ましたけど、ちょっと出遅れてしまったかなぁ。

そしてFCハワイツアーの準備でしょ。
ん~、どうやって上司から休暇の承諾もらおうか…
タイミングとしては、ひと仕事片付いたここ数日がチャンス。いかにカミングアウトしてるとはいえ、さすがにFCツアーに行きたいって正直には言えない。

ちょっと真面目にウソを考えます。もし自分に言われたら断れないようなヤツを。
忠実なファンとしましては
今日からオンエアの新CMがニュース23で流れるという情報を得たからには、その時間に帰宅するのは当然でしょ。
だって録画予約してないんですもの。今朝は上司からの命令で1時間早い出勤だったんですもの。明日期限の来年度予算は、あした仕上げれば良いでしょ?

帰り道に地元駅前の「洋服の青山」をのぞきに寄りました。もちろん閉店後なんですが。
ウィンドウから暗い店内を見ると、青地に黄文字の「フレッシュマンセール」のバナーで松浦さんが微笑んでました。

「洋服の青山」のCMは、おふざけ傾向が多いのでちょっと不安だったんですが、実際に見て安心しました。ほとんど「ずっと好きでいいですか」のPVといった作りですね。それに30秒ver.だったし。

というわけで今日は満足できたのですが、結果あしたも早目に出勤するハメになってしまいました。そうしないと仕事が片付かない。
まぁいいか。
疲れているので脈絡なく
土日連続休日出勤を終えました…

CDTVスペシャル、録画で見ました。矢口さんすごいですね~!
ちなみに私が恋人にしたいのは松浦さんではなく、村田さんです。
松浦さんは娘にしたいNo.1です。そして、だまされてしまいたいのは藤本さん田中さん柴田さんです。ちょっとゆがんでいますね。
とはいえ、松浦さんのポジション以外はめまぐるしく変わります(汗)
そしてここにベリーズから名前を出していないのは、ある種の自制心です(?)

妙な事を書いてしまった。ではおやすみなさい。
なっち復活☆
日本青年館でのなっちレビュー&コンサート「むらたさ~ん、ごき?」昼公演に参戦してきました。2ヶ月のブランクを経たなっちの復活を見てきました。
久々に紺レポ板にて。

そもそもFC先行に申し込んだ時には、この公演がなっちの復活公演になるなんて思ってもいなかったわけです。昨年の「おかえり」で元気をもらったので、ぜひ今年もと申し込んだだけです。
亜弥ヲタがこんな場面にまぎれ込んで申し訳ないとは感じながらも、なっちが元気に帰って来た姿を見れて、本当にしあわせです。

で、そこであゆみちゃんのア○ミラ風コスプレを見てきた同じ日に、ポップジャムではあのEROSがオンエアされたわけです。このギャップは素晴らしく良いな~☆現場で見たのよりオンエア映像の方がはるかにエロかったです。

こんな楽しい1日でしたが、土日は出勤です。目一杯仕事をさせられます。
カゼはいつのまにかハードワークが押さえ込んでしまいました。
なっちがんばれ
復帰会見の模様がが流れてます。

去年のこの時期はちょうど何度目かの鬱におちいりかけてた時で、なっちミュー「おかえり」に立ち直りのきっかけを与えてもらいました。これをすごく恩義に感じてます。
今年は、11日の復帰初回公演でこちらから励ましてあげる番です。
ともあれ元気な姿を見せて欲しい。

なっちがんばれ。
カゼ治りません。
今週はずっと悩まされてきました。
帰宅して熱をはかると、いつも38℃前後の毎日。でも休めないんです。来年度の予算を来週の15日までに仕上げなければならなくて…
これが黒字であればわりと簡単に結論が出せるのですが、帳尻が赤だと、あんな事こんな事など施策や試算を盛り込んで、なんとか赤字幅を小さくしなければならず…前途多難。

日曜日の今日はさすがに休みました。だけど1日休むくらいじゃ治りません。
ポップジャムでの朗読や新曲、そしてなによりあの美しさで癒された部分は大きいのですけど。
あと10日ばかり頑張ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。