FC2ブログ
高齢亜弥ヲタの活動記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年上半期終了
6/25に松浦さんが21才の誕生日を迎えました。℃-uteの7人も、とある一般女子中学生1名も、要するに私の推し全員が今年の誕生日を迎えました。ということは早くも半年経ったということです。

自らのヲタ活動の基本スタンスに変化はありません。松浦さんと℃-uteにどっぷり浸り、余裕があれば周囲を見渡してみるというやり方です。ではありますが、ここのところスキャンダルや復帰やいろんな転換期的な話題が続出してることからの影響はゼロではありません。

とにかく松浦さんのソロツアー再開は喜ばしいのひと言に尽き、全部くっついて行くための調整に余念がありません。℃-uteも秋ツアーあるし、下半期も引き続き忙しくヲタヲタするわけです。

ところで、ここにきて財政難問題が急浮上してきました。要因は?亜弥紺プラス℃-ute紺で先行資金がダブルで必要になった、しかも高確率で当選した?℃-uteがサーキットと秋ツアーとのダブルで動いてしまう?「すけだち」のチケ単価が高かった、ためにちがいありません。ある程度は予想してたことなんですが、きっちりと優先順位つけてやるしかありません。

こういう状況下での確定してる7月予定は
1(日)GAM札幌
2(月)MUSIC JAPAN 公開収録
3(火)GAM仙台
以上です。もちろん31日キューティーサーキット@横浜BLITZは当選させて行くつもりです。ハロ紺はSSAに安く入れたらもぐりこもうかなっていうところ。なんかハロ紺には、いくら℃-uteが出るとはいえ、それを消し去るほどの負のベクトルが自分の中にあるんです。経済的余裕もないし、ここは夏~秋のために大人しくしておこうかっていう心理状態です。

ま、臨機応変にマイペースで。
スポンサーサイト
GAMハワイツアー
本日が申し込み期限のGAMハワイツアー、不参加に決めました。松浦さんとの希少な接触のチャンスであったり、あやみきとの3ショットのチャンスなんて二度とないだろうって事はよーくわかってます。だけど乗り気になれなかったんです。

確かに経済的な側面は大きいです。松浦さんと℃-uteとの2本を立てていくのはさすがにしんどい。だけどそれは最大の要因じゃありません。「松浦亜弥FCハワイツアー」なら間違いなくがっついていたはずです。GAMだからです。ま、松浦さんの存在が薄いってことはありえないんですけど、気分的にどうも・・・
GAM紺で見かけるごく一部の過激な美貴ヲタさんたちと、同じツアーに参加する気にはどうしてもなれませんでした。彼らは高確率で参加するだろうし、そうなれば高確率で不快にさせられるだろうし。ここらへんを考え、個人的な価値観でやめにしました。

参加される皆様、うらやましいです。楽しんでください。そして亜弥様美貴様によろしくです。

内気な亜弥ヲタは居心地のいい「松浦亜弥ハワイツアー」まで待つことにしたのでした。
歯の工事 第二期へ
今日は保険外で歯の清掃。6300円も取られてしまったのですが、気持ちよいしDHさんがキレイな人だったのでお得っちゃお得でした。

さて、修理が必要な問題箇所が調査され、第二期工事が決まってしまいました。以前からグラグラの前歯です。来週、さっそく抜いてしまいます。うわー、やだやだやだやだ。
お誕生日おめでとう
松浦さんの大人1年目は決して順風満帆じゃなかったのかもです。顎関節症があったし、そのせいで公演中止があったし、07年春の単独ツアーがなかったし。20才の年に結局シングルを1曲も出さなかったし、一度発表された新譜リリースも流れてしまうし。

マジな話、私、松浦さんがハロプロを飛び出しちゃうんじゃないかと心配していました。あまりにも成果物が出て来ない状況が続いていたものですから。ソロ紺の目に見える進化だったり、アルバムで見せた新境地だったり、ディナーショーだったりと、これから松浦亜弥が進むであろう方向性が断片的に見えてきてはいるのですが、そこに連続性をもたせて「これぞ松浦の可能性の道」が表現されることがなかったものですから。まあ、松浦さんが飛び出しても、それについて行くのに一切迷いはないのでありますが。

ここ一ヶ月、GAM紺で元気な姿を見れたり、秋のソロツアー日程が発表されたり、本人の口から「レコーディング中」の発言があったりで、すごく安心させられてます。やっぱり芸能人は露出してなんぼですもん。目立ってなんぼですもん。

さ、20才の一年は想定外の健康上の問題もあったりでしたが、次の一年はそのうっぷんを晴らすような活躍をしてくださいね。そしてわれわれファンを驚かせ続けてください。しっかりがっつりついていかせていただきますので。

松浦亜弥さん、21才のお誕生日おめでとうございます。
前夜祭@名古屋
25日は松浦さん21才の誕生日ですが平日で公演はなし。今日は名古屋GAM紺にて前夜祭。20才最後のライブ、もちろん昼夜出席させていただきました。

一昨年19才の誕生日はHPP神戸で。ケーキに鼻の頭を付けました。昨年20才の誕生日は亜弥紺東京厚生で。DVDにもおさめられてるように、顔面をケーキに埋没させました。さて今年は?年々エスカレートするならば・・・

夜公演MC部でミキティの仕切りのハッピーバースデー大合唱。それと前夜のあやみき&スタッフ宴会の報告。これだけなんですけど、GAM紺の空気にはこの手法がいちばん似合ってると思いました。昼夜ともアンコールは「あややコール」をいただけたんですが、亜弥ヲタはこれがめちゃうれしかったです。美貴ヲタの皆様、素晴らしい贈り物をありがとうございました。

さてGAMツアーもいよいよ終盤です。ホールはこの愛知厚生年金会館でおしまいで、残り4公演はオールスタンディングです。うち3つに出ます。対応手法を変えなきゃだけど、がんばろ。
寝る子はキュート~岡井ちゃんバースデーSP~
平日ではありますが、岡井ちゃんの誕生日ということで定時ダッシュでかけつけました。あまりに暑くて東池袋駅を出たとこのコンビニで缶ビールをイッキしたら、逆に汗が吹き出てしまいました。失敗。

4回目の「寝る子はキュート」、回を重ねるごとに楽しくなるから不思議です。どの場面で何に意識をもっていけばいいかは完璧に頭の中に入ってます。なのに泣けます笑えます。そんな中、舞美ちゃんったら期待以上のことをやらかしてくれるもんだからたまりません。セリフを間違って流しておけばいいものを「あっ!」ともらしてくれちゃって。100点ですw

7列上手寄りから見させてもらいました。近いとどうしても愛理に視野が集中してしまいます。劇を見るなら邪念の混じらない後ろの方がベターですね。

で、今日はめでたい岡井ちゃん13才の誕生日なので、日替わり写真も『私がオバさんになっても』も締めのコメントも岡井ちゃん。誰が歌うか指名するときに「そこの丸顔のお嬢さん」でいってほしかったなー。「来年の誕生日もみんなと一緒に過ごしたい」ってこと、まかせといて!来年の6月21日は℃曜日だから、中野とか厚生あたりのでかい会場でお祝いしたいもんです。と思って見てみると、2008年は
2/5(中島)火曜日
2/7(矢島・萩原)木曜日
4/12(鈴木)℃曜日
5/24(梅田)℃曜日
6/15(有原)日曜日
6/21(岡井)℃曜日
と、なかなか楽しそうな日程が目白押しです。

さ、これで私の「寝る子はキュート」は残り1回になってしまいました。全部見たいんですがそういうわけにもいきませんので、最後の1回を大事に使います。
紺ヲタさんすみません
紺野さんはやりたい事がハロプロの外にあって、その夢の実現のためには学業に専念する必要があって、引退して進学という道を選択したんでしょ。まず第一歩として慶応義塾大学に無事合格して、新しい環境にも慣れたし、学業専念するにしても時間に余裕があるから、サークル入ろうかなバイトでもしようかな、とか考えてたところにガッタスの話が持ち上がってきて、今回の「復帰」とかにつながってきたのかな。

さあ復帰しましたとはいっても、ハロプロで必死で生きていこうと考えてる他のメンバーたちとは全く違うスタンスなんでしょ。だって大学卒業後は別な仕事に就くのが目標だから。そういう人をポンと天下りさせるよりも、仕事に命かけてるようなメンバーを使ってあげてほしいよな。、そういうメンバーを応援したいよな。

別に復帰が禁じ手だとは思わないし、片手間に芸能活動ってのもアリだとは思う。異物感が出て面白い結果が生まれるかもわかんないけど、今のハロプロにそれを共存させる土壌があるかは、疑問。

村上愛さんが復帰したとしても、こういう形なら同じ意見。
ま、自分の気に入った部分だけと付き合えばいいといえばそれまでの話。
裏も読んでみたくなるし
紺野さん復帰の報を聞き、これはこれで喜ばしいことなんでしょうが、アップフロントさんって混乱してるんだなーって思ってしまいます。つい一年前ですよ、卒業引退は。つい先月のガッタス新体制の話はどうなったんでしょう。なんか一貫性がないような・・・
「なんでもありか」って感想が混じるのは否めません。

UFさんの内部がどういう組織になってるのかは存じませんが、自分のいる社会環境を通して考えるに、部長クラスのリーダーが不足してるんじゃなかろうかと思います。経営トップとつんく♂氏が打ち出す戦略を責任もって実行するような人材が足りないんだと思います。「モーニング娘。事業部長」とか「松浦亜弥事業部長」とか。芸能プロダクションでありながら、タレントをプロデュースできるレベルの人材に不足感があるんではと。あるいは仕事を任せていないのではと。

ファンの期待を裏切るという手法は、良い方向に回転してる場合はアリです。だけど「だまされた」と感じる人が出始めたらアウトです。ここらへんのバランス感はマーケティングの問題です。
才能を飼い殺しにしてるって感想があるのは、戦略戦術を具体的に実行できる部隊が弱いんです。たまにつんく♂氏が気合を入れる対象が出てくると、上から下までそこにかかりっきりでその他はほったらかし。そもそもあの松浦亜弥ですら、自ら「歌手で!」と叫んでいるにもかかわらず、1年以上シングルを出していないって。卒業・入学・ユニットで当面の目先を変える事は得意なんですけど、既存の才能をどう生かしていくかを明示するという基本的な面が弱いようにお見受けします。松浦亜弥って今後どうなんの?Berryzと℃-uteってどう差別化していくの?安倍さんは?後藤さんは?ガッタスは?・・・ファンのストレスって主にここらへんだと思うのですが。ジャニや競合と比較して弱いと思うのは・・・

『寝る子はキュート』は外部の力を借りてとても素晴らしい結果を出せたと思います。『すけだち』もきっとそうなるでしょう。次はこういう成功をつなげるしっかりしたプロデュースをしてほしいものです。ファンはひとつひとつのイベントを断片的に見てるわけじゃなく、タレントの成長そのものを応援してるわけですから。
今日は『寝る子はキュート』を2回
小中学校の文化祭やらで劇をやってるような年齢の娘っコたちがですよ、プロの助けを借りてるとはいえ、満員の大のオトナを涙させる演技をするんですから。7人全員が演じきってるんですから。彼女ら、スゴいっすよ、考えようによっちゃ恐ろしいことですよ。

2回目3回目を見て、ますます面白くなります。筋が見えて飽きるなんてことは全くありません。大好きなコたちが目の前で真剣に演技するのを見て、笑える場面は笑って、泣ける場面は泣いて。こんなお得な、こんなありがたい時間は貴重です。

時間をこじあけて行く価値は十分あります。
準備不足
ライブに行く時ってたいていの場合は自分がどこらへんの席で見るかはあらかじめ知ってるわけで、じゃあどういう心構えで参戦しようかも決めてるわけです。たまにDVD撮影とかで最前方の座席がつぶされる事はあるものの、それにより絶対的なステージからの距離が変化するわけではなく、大勢に影響はないのです。

今日の場合。昼チケはボノさんが引いた感謝の0列60番台、座席表で確認すると3列目で、連番に引っ張り込んだSKさんを置き去りにしてもひとりで松浦さんにがっつこう。夜は○フオクで手配した12列センター通路席、ゆったりのびのびとやらせてもらおう。

開演10分前に席に着きました。DVD撮影が入ってました。前2列が取り払われてました。3列目だと思ってたところ、最前でした。

いくら物理的距離は変わらないとはいえ、心理的距離は全く違います。うわー、いきなりテンパりました。おまけにSKさんはまだ到着してません。
SKさんは結局暗転後SEが終わる寸前に到着。それから始まるGAMツアー二度目の最前は、心の準備ができていないので緊張してフワフワのものでした。もうただただ松浦さんだけをずっと見つめてました。そのため美貴様を干してしまうという局面も。すいませんですもったいないもったいない。
SKさんによると「亜弥ちゃんかわいー☆」とうわ言をずっと言ってたらしいのですが、全く記憶にございません。

昼公演が「ハシャぐよりも見つめる」に対応が変わってしまったので、夜公演はその分増量でがんばらせていただきました。

んー、最前だとわかっていれば、全く別の準備をして来てたのに・・・とかも思いますが、それは贅沢というもの。期待以上の結果だったのはまぎれもない事実なのです。皆様に感謝なのです。ありがとう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。