FC2ブログ
高齢亜弥ヲタの活動記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月実績/9月予定
■8月前半:すけだち6回
台本への文句を述べつつも、6回も行ってしまったということは、それだけ松浦さんはじめ出演者が魅力的だったからに他ありません。そして、単価9000円のチケ代はインパクト甚大でした。

■8月後半:Cutie Circuit 参戦 高松→広島→大阪→運動会
今年もこども達と楽しく過ごすことができました。ただ正直なところ、サーキットへの熱意は昨年と比較できないほどのものでした。なにしろ強気な姫がいないわけですから。遠征を楽しむことの比重が高まった夏でした。

■8/30日テレNEWS24イベント~NEWSな「笑顔」~
ささやかなイベントではありましたが、生の新曲に初めて触れることができ、しかもc/w曲までもという、亜弥ヲタにとってはとてもありがたい時間でした。

■9月予定
1(℃)メロン@横浜BLITZ
9(日)℃-ute@ZEPP OSAKA 昼夜
10(月)9月10日は℃-uteの日@品川ステラボール
15(℃)℃-ute@ZEPP NAGOYA 昼夜
16(日)当てるゾィ!☆松浦さんタワレコイベ
22(℃)娘。@大宮ソニック 昼
24(月)℃-ute@ZEPP SENDAI
30(日)℃-ute@横浜BLITZ 昼夜

うー、ホールが少ないw指定席が少ないww
23日はごっちん誕生日なのでパシフィコに安くもぐり込もうとたくらんでます。24日の仙台はどうしようか迷ってます、チケ持ってないし。ま、亜弥紺が始まる前に℃-uteにがっつり逝っておこう。
スポンサーサイト
汐留外出
「行動しないで後悔したくない」という信条をもってして、お昼に汐留までちょっくら外出してきました。松浦さんが登場する日テレNEWS24のイベントです。

15:30スタートの30分間。1時間前の14:30に到着したところ、画像の程度の人出でした。楽勝で前の方を確保。それからどんどん人が集まってきはじめて、スタート時には広場に入りきらず大階段の途中まで観客で埋まる状況でした。もちろん通りすがりの人も多いのでしょうが、ま、とにかく客層が幅広いっす。これは松浦さんの特性です。

気軽にやって来たのですが、新曲初体験の現場です。松浦さんはあの白いドレスで登場。これから髪を伸ばしていくつもりみたい。個人的にはショートが好きなんですけど。で、またすぐに見つかってしまいましたw
挨拶のあと、いきなりカップリング曲『あなたに出逢えて』には驚きました。雨上がりの天気にぴったりです。「あややニュース」の公開録画と日テレNEWS24の宣伝、そして『笑顔』。終始、非常にすがすがしい表情の松浦さんでした。

言い訳。来なかったとしたらフワフワで仕事になんなかっただろな。そしてすごく後悔してただろな。今日の行動は正解なのだぃ。
「℃-uteの日」参加権獲得
本日は「9月10日は℃-uteの日」当選者に向けてメールが送信される日です。過去のイベント当選メールはだいたいお昼に着信してたのでそのつもりでいたのですが、来ていない。そしてこういう日に限って、昼間っからたくさんメールが届くものなのです。

結局、18時過ぎに無事到着しました。ひと安心です。

℃-uteと命名されて3回目の℃-uteの日です。昨年はサーキットファイナル@よみうりランドで、亜弥紺連続参戦をあきらめた区切りの日でした。一昨年はHPP@春日部での初ゲリラライブに遭遇し、村上愛さんへの忠誠を誓うこととなった日でした。

自分にとってもなぜか大きい転機となっている9月10日、今年も℃-uteのみんなと過ごせてしあわせです。が、あまり転機は来てほしくないなと思ってるのでした。案の定で愛理に陥落させられた日となったりしたらどうしよう・・・
『笑顔』
29日は松浦さんのニューシングル『笑顔』の発売日です。松浦亜弥ファンとしては当然フラゲするわけです。しかも今回は直前にタワーレコードがらみのイベントが発表されたので、複数枚を購入させていただきました。心情的には、松浦さんでこんなやり方しないで欲しいという気持ちでいっぱいなのですが、まんまとカモにされてしまうのでした。

2006年2月1日発売の『砂を噛むように…NAMIDA』から1年半、やっと松浦さんのニューシングルがやってきました。その間、アルバムやGAMでのリリースはあったわけですが、このブランクは異常です。松浦さんハロプロから抜けちゃうんじゃないかって、余計な詮索もしました。そうなってもどこまでも松浦さんについていくぞって、腹をくくりました。
そんな先での新曲。今の松浦さんにふさわしい曲です。歩いて行こうとする道が明確に見える曲です。

アルバム&秋ツアー「ダブル レインボウ」の方向性への期待がどんどん高まっているのでした。
当落
なんかわけがわからないままオールヲタカラに乗っかってしまいました。2時間仮眠しただけでムリヤリ出勤しましたが、結局夕方までまともな状態じゃありませんでした。

FC先行チケ、当落確認する前に払い込め用紙が1通来てました。順調であれば松浦さんDSと娘。追加の2通来るはずなのに1通だけとは・・・案の定、娘。は全落でした。通算、秋の娘。は0勝10敗とか・・・・・・全て頼まれ枠なので精神的苦痛は少ないとはいえ、ここまで当たらないと凹みます。

で、2公演各1ながら5万円オーバーの松浦さんDS、意を決して払い込みました。誕生日なのでぜひ良席を!
MAGICAL CUTIE 感謝祭
14時半で仕事を切り上げて、運動会に行ってきました。

事前にチェックしたグッズの数々、圧倒されると同時に、あきれ果てました。限度を超えてます、これ。DVDマガジンとゆかた写真少しだけにしておこう、さもないと大怪我をするゾィと肝に銘じました。

会場時間を過ぎた15時半頃到着し、即入場。南スタンドチームです。「競技に参加されますか?」の問いかけに、明るく元気に「はいっ!」だけどあっけなくハズレの白いボールを引いてしまいました。あぁ、おニューの体育館シューズは結局日の目を見ないことになってしまった。

グッズ列も℃-uteの日イベ登録列も、℃-uteの現場だとは信じられない長さで驚きました。何の気なしにグッズ列に並んだのですが、結局イベント登録を済ませて席に着いた時にはすでにメンバーの入場が終わってました。

南スタンド4連番の我々は白組と決まりました。℃-ute DDの私にとってはどちらでも大歓迎なわけなんですが、多数のファン心理を考えると、これはもうちょっと配慮があった方がよかったのではと思います。感謝祭自体の盛り上がりも全く違ったものになったのではと、惜しい気がします。

競技のひとつひとつは、期待してたレベルよりずっと面白かった。℃-uteメンバーが活躍する部分はもちろん、ヲタ参加の部分も。
前半戦は我らが白組が圧倒的優勢だったのですが、観客全員参加の「マジカル☆応援合戦」で大差で敗れて逆転され、そのまま赤組の勝利となってしまいました。こういうイベントであんまり勝負にこだわりすぎるのも大人げないのですが、応援合戦での機械測定結果がグレーだったのは後味悪い部分でした。

ミニライブが終わったあと、閉会式はすっごく簡素なものでした。優勝旗も賞品なく、MVPやMIPも選ばず、純粋に「参加することに意義がある」を実践です。まさにサーキットの延長戦上にある。んー、実に℃-uteらしい。
メンバーから手渡しでお土産を受け取るため、整列退場です。白組メンバーの見送る中、愛理から写真を受け取りました。わーい、ゆかた集合写真だ☆

さ、これで夏休みのヲタ活動は終了です。その最後だからってわけじゃないんですけど、流れでオールヲタカラへとなだれこんでしまいました。いや実際のところ、翌日それぞれに予定があったのに、なんでこうなってしまったのだろう。まあ、カラオケで℃-ute曲が充実してきているのは喜ばしい事ではありますが・・・
各種準備の日
昼休み、宝くじ&ロトの当選番号を調べてもらったら、ロトで4等が1本当選してて9700円も払い戻しがありました。ラッキー、今日は良い日かも。

仕事が比較的早く終わったので、近所の靴ディスカウントショップに上履きを買いに行きました。もちろん明日の感謝祭のためです。物色してると、いかにもな体育館シューズがなんと198円!サイズも揃ってるし、これを履いてれば参加を断られるはずはありません。これしかないとレジに行くと、なんとセール期間中で更に20%OFF、お勘定は158円也!!ここまでくると、あきれてしまいます。

良い買い物をして更に幸せな気分になり、次は夜の渋谷に繰り出して黄色いレコードショップへ。松浦さんの新曲『笑顔』を予約です。松浦さんの作品を複数枚購入するのは、生まれて初めて。購入者特典イベントを企画され、弱みにつけこまれていることを実感しながらなのではありますが、どうしようもありません。払い戻し金プラスアルファを投入しました。
℃-uteのシングルに平気で注ぎ込んでることを考えると、悩むこと自体がナンセンスなのでした。

センター街方面に足を向けると、ファーストキッチンで松浦さんの笑顔を発見!いよいよ間もなくなのです、1年半ぶりのニューシングルなんです。
8月21日 言うまでもなく、暑い。
■お盆にはちょっと遅れた
2007年は℃-ute高松広島大阪イベ、2006年は℃-ute福岡小倉イベ、2005年は姫路凱旋公演、2004年は幻の尾道au野外コン。ここ数年の帰省はヲタ遠征にからめたものになってる。ご先祖様もあきれてると思うけど、毎年きっちり帰省してるのはほめられてもよかったりして。
朝のまだ涼しいうちに墓参りをすませ、大阪へ移動開始。さすがJR西日本、在来線車両はボロいけど社内吊り広告に松浦さん&姫路城のステキな組み合わせ。姫路観光大使の仕事、地元だとちゃんとやってるみたい。

■新世界
昼過ぎに新今宮あいりん職安前でボノさんけろぽんさんと再合流。
前回5月の連休に来た時、新世界もめちゃ混みで、すさまじいなにわエネルギーを感じたんだけども、今回はすいててのんびりしてた。それでも串カツ有名店「だるま」だけには全店で行列が。ここにこだわりがあるわけでもないので、すぐ入れて感じの良い店で串カツ&生中乾杯!お天道様の高いうちのビールはひときわウマい、そして串カツは安くて旨い!

■なんばhatch
地下道から地上に出たら、いきなり目の前に℃-uteバスがドーン!
なんばhatchは広島のクアトロとかと比べたらでかい箱で、入場列も長い。引いた席は2階D列とか・・・イベ4回で2回も2階席を引くか?他の1回は最後列だぞ?℃-ute座席運については、あきらめの境地。GAM紺からすけだちにかけて、ずっと前の方に入ってたから、相殺されてしまったのかも。

さあ地方サーキット最終回。Mr.マジックの正体がバラされたが、これは余計なことだと思った。そしてセットリストに1曲加わる。サーキットと『まっさら』の組み合わせはとにかく燃える。目を閉じると強気な姫ががあの青衣装でやってくる。

握手は短め。これでしばらく握手の機会はなさそうなので慎重に冷静に。自分でも驚くほど上首尾にこなせた。

■大阪→東京
新大阪21:10発10号車に乗車してなにげにホームを見ると、経理氏の間違えようのない体を発見。背後をみると℃-uteメンバーがいる!発車間際だったのでただ必死で窓越しに手を振るしかできなかった。んー私服姿、みんなかわいー☆
21:20発の最終便に乗ったんだろう。同じ列車じゃなかったのが残念っちゃ残念だけど、最後の最後ですっごく得をした気分。

■Cutie Circuit 2007
大阪の握手で梅さんに「来年もサーキットやりたい?」って聞いたら、「はぁい、もちろん!」って答えが返ってきました。ま、数年は続くと腹をくくるべきかもしれません。参戦する側は自分のスタイルで参戦すればいいんじゃないでしょうか。観光をからめたり、グルメをからめたり、帰省をからめたりw行けるところで。

今年は後半戦のみの参加でしたが、楽しかったっす、辛い部分もありましたけど。各地でいろいろお世話になったヲタもだちの皆様、ありがとうございました。そしてこういう機会を与えてくれた℃-uteのみんな、UFのみなさま、ありがとうございました。またあれば懲りずに行きますのでよろしくです。
8月20日 もちろん今日も暑い。
■なっ○からの警告?
朝、けろぽんさんの携帯がなっきぃの待受画像を表示するのに疲れてしまう。液晶が真っ暗で、薄ーーくしか表示しなくなってしまった。DoCoMoショップで診察を受け、あきらめをつけてから、きびしい猛暑の中を宮島観光へ。

■宮島観光
「世界遺産」はまちがいなく立派なブランドであって、広島に来たら原爆ドームと宮島の二つの世界遺産は押さえとかなきゃでしょ。おまけに両方とも自分にとっちゃ庭みたいなもんだし。

青春18きっぷ利用なのでJRのフェリーで。JRの宮島行きはぐぐっと大回りして大鳥居に接近する航路を行くんだ。昔からそうだった?松大ばかり利用してたからかな、知らなかった。
定番の厳島神社回廊を渡り、おみくじを引く。あまりに暑く長時間の炎天下滞在は危険。商店街に戻ってめぼしをつけた店でお昼。中に入ると、涼しく広々とした空間をもった店で、大正解。あなごめし定食をいただく。標準的なあなごめしは、小さく切った焼きあなごをまぶしたもので、それはそれで美味しいのだが、この店はご飯の上に“さく”を乗せ、器ごと蒸してある。これも上品で美味しい。商店街から見たのではわからなかったのだが、実は「錦水館」という宮島の老舗旅館だった。泊まるのにはちょっと敷居が高そうだけど、食事に使うのはお得。


食後、サンリオショップへ。ご当地キティを物色しているところ、某著名(?)ヲタ氏に遭遇。推しのカブるけろぽんさんはかなり凹んでいた。
バラ売りのもみじ饅頭を食べながら歩くボノさんに、しつこく若いメスの鹿がつきまとう。これは悪い観光客の見本w

宮島口駅で大阪へ向かう二人と別れ、実家へ。宮島口からJRで2駅の徒歩5分。全くムダのない帰省なのだ。
8月19日 今日も暑い。
■広島市内観光
同行の皆さんは起動が遅いので、市内観光は原爆ドーム&平和公園往復のお手軽版で。
クラブクアトロの入っているパルコまで日中は車を入れられないせいか、大通りに停車中の℃-uteバス発見。ヲタの群がり具合からして、メンバーは乗っていない様子。
お昼は老舗の「へんくつや」さんでお好みと生ビール。ここも美味い!

■広島クラブクアトロ(昼)
高松と同様、広島限定グッズはナシ。むしろ歓迎です、その分をうまいもんに回せる。
うちら3人が引いた番号は195~197の3連番で、入場してみると後から2列目。背の高い椅子が密集してるのもあって凹む。始まっても最後列には誰も来ず、椅子をずらして広~く動けたり、後席の迷惑を気にしなくてよかったりで、結果としては楽しい席だった。中途半端な席よりずっと良かった。

さて、握手は我々のブロックからスタート。推しの時間確保フォーメーションから、私が一番手で逝くことに。階段を降りて歩いていく間メンバーから注目されて、超キンチョー!だれひとりのヲタにも汚されていない℃-uteメンバーの手は、この上ない味わいでございました!

■広島クラブクアトロ(夜)
夜の当選券のないボノさんは単独で観光へ。昼の席はかたまって配られてたけど、夜は完全にランダム。引いた番号は25番で2列目、最前を引いたけろぽんさんの斜め後。んー、やっぱり前方は楽しいっす!
アンケートに書いた質問「7人の中でいちばん寝相の悪いのは誰ですか?」が栞菜への質問で採用された。このフリにメンバー全員が食いついてくれたのは嬉しかった。あとでわかったのだが、マイマイへの「あなたにとってロックとは?」「魂です!」の男前なやりとりは、昼にボノさんが出した質問だったらしい。
イベント終了頃から夕立がきて雷雨となり、みんなの気がせいていたこともあってか、握手は短め。だけどそんな中、確実な手ごたえを得た。
「舞美ちゃん、今日は何点?」「あっ、あはは、今日も100点ですっ!

■二夜連続お好み村
こうなったら広島滞在中は徹底的にお好み焼きで!
昨夜入れなかった「ちぃちゃん」へ。前日から3枚目で、どれも美味しかったけど、この「ちぃちゃん」のがいちばん好み。雷雨回避でミスドを食べて、がっつき具合が落ちてしまってたのを激しく後悔。翌日また行こうかと思ったけど、月曜は定休日だって、残念。次に帰省した時にまた寄ろう、そして季節のカキ入りを!
これまで地元民ながらお好み村をあまり意識したことなかったけど、さすが激戦区だけのことはある、レベルが高いぞ見直した。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。