FC2ブログ
高齢亜弥ヲタの活動記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祝・日本レコード大賞新人賞受賞
舞美ちゃん、
梅さん、
なっきぃ、
愛理、
ちーちゃん、
マイマイ、
栞菜、
おめでとう!そしてありがとう。

とにかくこの賞は誰でももらえるもんじゃないんだから。欲しけりゃ手に入るってもんじゃないんだから。

キミ達のことが誇りです。キミ達を必死で応援してきたことに対して、報いなんて全く期待していなかったんだけども、こういうかたちでご褒美の分け前をいただけるなんて。しあわせです。

めぐがいなくなっても℃-uteヲタ続けてきてよかった。信じて一緒に走ってきてよかった。

スポンサーサイト
You やっちゃいなよ!・・・だってさ
GyaOのハロプロアワーでありえないやりとりして、なっちを困惑させてしまった舞美ちゃん。そのふたりでデュエット曲をリリースするんですって。このコンビはひょっとしたらスゴい結果を生み出すかもしれない。飛び道具ですわ。ある意味、恐いもんなしですなww
楽曲をKAN氏に依頼してることからして、気合の入れ方を感じたりします。

が、キャッチコピーにジャニ語をまんま使ってるのって、あり? 百歩譲ってそこがOKだとしても、A面曲を投票で決めるのはあまりにもポリシーなさすぎだと感じるのは私だけなんだろうか。少なくとも、製作側として思い入れをもって仕事してるとは思えない。

これ、いくら舞美ちゃんの仕事だとしても、どうも好きになれそうにないんです。
二週連続の大阪
ま、自分が何やってるのか十分わかってますので。

開場15分ほど前に到着した現場は、ただ「歩道に出るな」とがなりたてるだけの放任状態、混乱してました。この時間になっても長ーいグッズ列が残ってます。係員に入場列を聞くと、まだ作ってないとのこと。しばらくすると突然とんでもない場所から入場列を作りはじめました。先頭しかケアしておらず無秩序。そんな最低の仕切りで入場。ではありますが抽選箱方式で引いた席はE列、やった!めぐありがと☆

席まで行ってみると、名古屋に続いてまたも上手端席。A列がないので4列目です。なんか大阪名古屋は引きが好調です。13列通路→最前通路→16列目通路→2列目端→4列目端。「たくさん汗かけ!」という舞美ちゃんの叱咤が聞こえます。

本日は追加公演の「Cutie Circuit 2007 ~都会っ子 ド純情~」。オープニングはマイマイと千聖プラス、東京は桃子さんだったので大阪は雅さんかと思いましたが、ここでも桃子さんで。桃子さんの衣装、東京ではBuono!衣装だったのですが、本日は「舞美ちゃんのTシャツ、えりかちゃんのショートパンツ、舞ちゃんのサンダル」で登場です。で、フレミング左手の法則桃子バージョンをここでもぶちかまします。こいつは秀逸です。

さてド純情ですが、出だしいきなりPAがミス。メンバーが登場して1曲目の『都会っ子 純情』をスタンバイしてるところに『私立共学』のイントロが。このあともハウり気味のヘタクソPAです。で、東京厚生で最後だった曲『まっさら』が終わったところで、7人は最後の決めポーズを保ったまま動きません。ありゃ、舞美ちゃんMCのきっかけハズしちゃったのかな?とか思ってましたが、そのまま数秒経過。会場はもちろんざわつきはじめ、メンバーも困った表情に。そしたら急に『JUMP』のイントロが。なるほど、こういうサプライズをたくらんでたのね、ニクいわ℃-uteちゃん☆だけど完全にタイミング外して、価値半減だわPAさん。

握手は高速でした。そんな中でも自分が何をすべきか迷いはないので、比較的うまくいきました。

早い順番で握手を済ませてしまったので、次のBuono!イベ開演まで2時間半もあります。会場周辺の雰囲気がイヤだったので、一目散に天満橋方面に逃げ出しました。この周辺は勤務先の大阪営業所があったりして土地勘があります。なので昼間っから暖かいものと発泡性の液体でも、とか考えたりしましたが、典型的なオフィス街なので、知ってる店は日曜はことごとくお休み。なのでドトールで時間をつぶしました。

1回目のみ参加のBuono!イベには入場列が消える頃合いを見はからって戻り、引いた席はZ1列の下手。ま、こういうもんですわ。どうせならもうひとつ後ろの最後列がおいしかったのに。

こちらのオープニングも東京と同じ。マイマイと千聖プラス、エリカ様→上げ子と変貌する梅さん。あっぱれなパフォーマンスです。で、イベ自体は・・・・・・自ら愛理ヲタじゃなく℃ヲタであることを再々確認する現場なのでした。のみならず、しがない中年ヲタの分際が、もったいなくも桃様雅様と握手ができる光栄にあずかれるのに、こっちが話しかける前から「ありがとうございました」とやられることに不満を感じたりする、身の程知らずなのでした。「キミたちは本当に出来た子だわ~」とその場で愛理にグチりたい気分になる、とんでもないヤツなのでした。

終了後はダッシュで新大阪駅へ。18時に到着したのですが、持ってる指定券は2時間後の20:19発。これが取れるのでいちばん早いやつだったんです。というわけで三連休の最終日、盆暮れ並みの大混雑の中を並び、1時間待ちで新大阪始発の自由席を確保しました。発車時点ですでに立ち客がいたのに、京都から覚悟を決めた皆さんが続々乗車してきて、通勤電車状態。まあ皆さんすごいバイタリティですわ、恐れ入ります。こっちは席を確保できていて、発泡性のある液体とか飲みながら「松茸ごはん」いただいたりして、満腹になったので居眠りしたりして、ちょっと申しわけないっす。けどトイレまでたどり着けないのとあちこちで子供がグズるのには参りましたわ。

とか思い返すと、今日は℃-uteまででやめておけばよかったのかなともいえます。だけど、「迷ったら行動」の信条の結果なんだし、総じてはBuono!イベも楽しんでたわけだし。

ま、繰り返しますが自分が何やってるのか十分わかってます。だけど注意されないと気付かない事が多いのも真実。
ダブルレインボウ千秋楽@名古屋
愛理の「名古屋うまいもん」好きは有名なところとなり、前日のMCでは栞菜までが「天むす!」とか言いはじめるので、お昼ごはんは名古屋名物ひつまぶし行きました!あ、後ろに写り込んでいる発泡性の液体は無視してください。「1杯目はそのまま、2杯目は薬味を散らして、3杯目はダシを注いでお茶漬けで」という説明書きを実践させていただきました。ビジュアルからして直感的に訴えてきます。マズいわけがありません。

中途半端に時間が余ったので、ナゴヤドームに行ってみました。ハロショとか名古屋モーターショーに行かないところが私らしいところなのです。写真には興味がないのれーす(ウソついてます)。偶然この日は朝からファン感謝デーなのでした。ちょっと興味をそそられたのですが、中に入る時間はもちろんありません。で、お土産でもと隣接のイオンモールにあるドラゴンズオフィシャルショップをのぞいてみました。日本一記念限定グッズなんか何ひとつ残ってない、名古屋ハロショ真っ青の品揃えの悪さなのでした。ってか、こんな日に残ってる方がおかしいわけで。それにちゃんと入口に謝罪の貼紙がしてあるし。



そうこうしてるうちに亜弥紺です。もう楽日です。
はK列センター通路席から。登場した松浦さん、髪をばっさり短くしてて、ステキです。再三繰り返してますが、ショートヘアの松浦さんが大好物なのです。ディナーショーまでにはもっと短くするっておっしゃってました、期待大です。

さてと、えーとですね、松浦さんは超楽しそうでノリノリでしたけど、ライブの出来はヒドいもんでした。気付いただけでもとばしが6曲って、なに? バンドも確実に2ヶ所以上ミスってるし。反省してください、松浦さん。

さていよいよ千秋楽、夜はB列のど真ん中1ズレです。座間にて最前中央バミリ目の前で幕をあけた「ダブルレインボウ」、最後もこんな良いのが届きました。亜弥ちゃんありがとう☆

影アナが終わったあとの場内に松浦さんの開会宣言が流れ、いきなり最高潮です。で、さすがに気合が入っていて、とばし&歌詞まちがいは気付いた限りでは3ヶ所と、昼と比べて大幅に改善です。『絶対』では久々に猫が憑依する場面を見させていただきました。ま、そんなこんなの無礼講状態でしたw メンバー紹介で、福長氏はセンターに出てきてオイオイやるし、千ヶ崎氏はベースソロのかわりにブレイクダンス(?)を8小節、杉山氏はギターで、菊池氏はチョッパーでベースソロを。

アンコールにて、絶品の『ダブルレインボウ』が終わったところで、松浦さんが舞台袖に駆け込んでいきました。千秋楽だぞ、何かスペシャルが来るのかと期待するのですが、他方では去年の光景が思い出されて不安になる部分もあったりするのでした。
松浦さんは無事赤い千秋楽Tシャツを着てあらわれ、メンバーを呼び込み、特別メニューの『可能性の道』を。選曲ももちろんなのですが、生声を織り混ぜたパフォーマンスは感動モノでした。そして生声も明瞭に聞こえる至近距離に居れるしあわせ☆

締めくくりはいつもの『I KNOW』で。エンディングに金テープ発射。最後の挨拶御礼も全員の生声で。

非常に美味しゅうございました。亜弥ヲタやってきて良かったっす。なのですが、こうやって終わったばかりのところであるのに、もう次が待ち遠しいんです。二週間後にはディナーショーが始まります。そこでは別の魅力で亜弥ヲタを虜にしてくれるはずなので、しばらくは持ちこたえられます。じゃあその次は?いつから?どんな松浦さんが?

きりがないっす。

2007年11月24日(土)
「ダブル レインボウ」愛知厚生年金会館
昼公演:通算332 出席通算131 連続26
夜公演:通算333 出席通算132 連続27
(松浦亜弥名義ソロコンサートのみをカウント)


こういうしあわせな日の夜ごはん、何にしようかなっと。ひつまぶしに続く名古屋名物といえば、味噌カツ行っとくか。んー、エビフライも捨てがたいのぉ。じゃ、いっぺんに行くか。おし、とことん行こう、季節の牡蠣フライも!そしてここでも後ろに写り込んでしまった発泡性の液体。人気者大集合っす、マズいわけがないっす。ごちそうさまでした。

そしてその店で偶然目にした「尾鈴(おすず)山蒸留所」なるところの芋焼酎&麦焼酎。モノ自体は疑いなくオトナ向けなんですけど、銘柄といいラベルの雰囲気といい、愛理も気に入りそうなところがおかしいっす。ちょっと探してみよっと。「山河童」とかもあったりしてww
名古屋Circuit
ヲタヲタ三連休初日は、名古屋東別院ホールでのCutie Circuitを2発です。1回目は入場列がちょうど動き出す時間に到着。座席は大阪と同じく抽選箱の中から自分で引く方式。で、引いたのはP列通路でした。後方の一段高くなってるエリアのいちばん前だったので、中途半端な席よりは全然よかった。しかも通路だし。座席は400程度でしょうか。ウチの席周辺はけっこう空席がありました。入れない人も多いのの、もったいないっす。

さてレギュラーの「Cutie Circuit 2007 ~都会っ子 純情~」は、大阪に続く2ヶ所目です。大阪で「キューティー・アクトレス・クイーン」を全員一巡させたので、別の企画をもってくるかもと思ってましたが、お題を変えるだけでした。あ、ミスターハンサムの声にエフェクトをかけてる点も変化したところです。舞美→千聖→愛理→梅しゃん。梅さんには「電車の中で女子高生が『えりかちゃんてカワイイよね』と話しているのが聞こえて自分の事だと思って気取っていたら、沢尻エリカの事だった」という難易度高い出題。さすがクイーンの梅さん、高いハードルを楽々クリアして見事優勝。けど、愛理の「かっぱダンス」もなかなか捨てがたい。

2回目、引いた席はB列上手端。やった!めぐありがと☆近いし動きやすいし、最高。

「キューティー・アクトレス・クイーン」は、栞菜→マイマイ→なっきぃの順。誰もがこれで終わりと思ってるところ、4人目に梅さんの指名。お題は「萩原・岡井に身長の高さとスタイルの良さを自慢してたら、熊井が入ってきたw」。前回の大阪からつながる内輪ネタです。「く、ま、い、友理奈ですよね?」「矢口さんじゃないんですよね?」と戸惑いを見せる部分はありながらも、貫禄の演技。そのクイーンの三連覇に待ったをかけたのが、なっきぃ。「下駄箱にラブレターが入っていたので、廊下の端っこに行ってドキドキしながら中を見たら、隣の人あてだった」という、ど真ん中の直球で勝利をもぎ取りました。

握手は比較的ハイスピードだったかな?ま、頑張ればなんとでもなる状況でした。舞美ちゃんとのいつものお話はいまのところ順調です。で、ここにきて7人全員にがんばるのはきっぱりあきらめました。あの短時間にしょせんムリです。なので舞美ちゃん・愛理・栞ちゃんに集中します。推しうんぬんじゃなく、ここのところの握手で良い感触を得れてるってだけの理由です。

舞美ちゃんといえば、ちょっと歌が心配です。放課後のエッセンス中盤に比べれば改善してきていますが、なんか自信なく歌ってるみたい。舞美ちゃんの尊敬する松浦先輩のMCを聞いてみればいいと思います。ヒントがたくさんある気がします。

ふと気付いたのですが℃-uteで単身遠征ってこれが初なのでした。亜弥紺では慣れっこなので不安とかありっこないんですが、何かちょっと違和感があるのはここのところだったんですね。

で、大半の℃ヲタが翌日の横浜サーキットに向けて動き出すところ、こちらは名古屋に居残りです。
ダウンタウンDXDX
松浦さんがピュアかどうかについては、一般のイメージとのギャップを感じたわけなのですが、この部分での論議には全く興味がないのであります。非常に注意を喚起されたキーワードは視聴者は見た!のコーナーでの「恵比寿のうどん屋」です。
メレンゲの前説では妹ちゃんと恵比寿とを歩いているときの話をしてます。ゲストで出たはなまるマーケットとラジかる!では代官山ピカソルのケーキを紹介してます。この店は恵比寿に近い。

このコーナーでは、ひとりで平気で出歩くともおっしゃってました。また、亜弥紺のMCだと気軽に声をかけてほしいって何度かおっしゃってます。

おし、時間が余ったときは恵比寿を徘徊することにしよう。あてはないけど、他よりはチャンスが大きいってわけなので。通勤定期区間なので交通費もかかんないしw
旅の手配
今週末の三連休は23名古屋(℃)24名古屋(松浦)25大阪(℃&B!)です。行楽繁忙期新幹線指定席確保、出遅れました。とくに25日の帰りが全然残っていません。遅い便でとりあえず確保しておきましたが、新大阪始発の自由席に並びます。

翌週末、℃-uteのX'mas握手イベなるものが突然飛び込んできました。1日の札幌はもともと回避です。この日はハロヲタ卒の若者とZepp TokyoのPOLYSICSでヘタレ連番です。翌2日、福岡は当初発表されてたイベの時間にあわせて遅い時間の飛行機を予約してたところに追加イベ。こいつは本来のサーキットみたいに早く並ぶ必要があるので、早朝便に切り替えることにします。先得割引で取っているので、キャンセルすると運賃の50%をペナルティで取られてしまいます。イタタタタ・・・

その次の週末は、山形で亜弥様ディナーショーです。土日きっぷを使わせていただく予定です。ま、普通の週末なので指定はもうちょっと早貴でも大丈夫でしょう。1週おいて、クリスマス週にはまたまた大阪に行きます。亜弥様ディナーショーです。

こうやって書き並べるとあきれてしまう状態に気付きます、実際。だからくだらなくても書くという行為をあなどってはいけないのです。
新世界で合流とか・・・
8月は新今宮の駅で合流しました。今回は新世界の串カツ屋で合流しました。
新世界といえば前回サーキットの写真集で愛理がロケした聖地。だけど愛理ヲタさんはほとんど万博公園の公録イベに行ってるらしく、それらしい人影は見当たりません。とある串カツ屋をのぞくと全身緑系の衣類を身につけた不審人物を発見。緑は緑でも愛理ヲタではなくガキさんヲタでした。前日の娘。大阪紺遠征軍御一行様と先行の舞美ヲタさんが、まだ時計がてっぺんを回らないうちからキャベツを囲んで生中を手にしてました。たらふく食べて飲んで3000円は安い!だけど現場が控えてるのでちょっと心配。だけどまあそこはオトナですから・・・

家路につく娘。組と別れてハロショに立ち寄り大阪御堂会館へ。通常盤「Cutie Circuit 2007 ~都会っ子 純情~」に2つ入らせていただきました。
1回目、引いた席は13列下手ブロック通路席。十分です。通路席なのが何よりありがたいっす。

キューティーガールズのテーマで、やっと3人揃って登場。マイマイが盛り上がって他の二人がついて来ないというパターンは、昨日Buono!イベのエリカ姫と共通です。で、いきなり『JUMP』!!おかげさまで少し残ってたビールが全て抜けました。だけど、こんなに曲をたたみこんでくるとは予想していませんでした。

「キューティー・アクトレス・クイーン」なるものを決める演技対決、1回目はマイマイ、なっきぃ、舞美ちゃん。あれ?結局誰が勝ったんだっけ?すいません、ちゃんと覚えてません。

さて握手。舞美ちゃんとの関係を次のステップにもっていく作戦開始です。最終的に福岡で完成できるようがんばります。作戦のスタートは上首尾にきれたのですが、そこに集中した影響で他のメンバーとのお話しは失敗の部類でした。


さて2回目、やっと引きました2列!めぐありがとう!!サーキットでの異常な2階席率を一気に挽回です。席まで行ってみると1列の椅子はたたまれていて、最前なのでした。やった!現場での席交換交渉に応じて、結局最前センターブロック上手通路席で。

席交換した中央~下手側がガツガツしすぎてたおかげで、みんなこっち側にやさしく接してくれました、ありがとう。で、例によって目の前に来るメンバーとわけへだてなく楽しーく遊ばせていただきました。

演技対決は、栞菜・梅さん・岡井ちゃん・愛理。誰の目にも明らかな梅さんの圧勝だったんですが、愛理もなかなかの出来でした。1回目公演だったらクイーンになってたでしょう。それにしても梅田えりかは達者です。エッセンスのテンション上げ子、昨日のエリカ姫、今回の「楽屋で萩原・岡井に身長の高さを自慢してたら矢口さんが入ってきたw」。全ていい仕事してます。そして「はぁ梅さんに見下されてみたいわぁ」と思ったヲタも多かったはず。

そう思ったひとりだったので、梅さんとの握手では体で表現してみたんですがハズしてしまいました。彼女からよく見えなかったんだと思います。舞美ちゃん作戦は成功。愛理ってひょっとして覚えててくれてるのかなって錯覚をさせる対応をしてくれます。そして栞ちゃんとは夏以降とても良好な関係を確保できてます。

℃-uteのみなさん、土日おつかれさまでした。とくに愛理、Buono!もあったわけだし大変だったよね。頭が下がります。
そして楽しく遊んでくれてありがとうございました。来週はもっとタイヘンなんだよね。がんばろう!
℃-ute & Buono!
「Cutie Circuit 2007 ~都会っ子 純情~」は追加公演からスタートするっていう変則です。入場列がなくなった頃に到着し、引いた席は2階11列上手側。ま、仕方ないです。左隣の声がでかいヲタは栞菜推しらしいのですが、オープニングのキューティーガールズのコーナーで桃子さんが登場した時にいちばん頑張ってました。なんか予想通りの現場なので、おかしくなってしまいました。
追加公演なので、タイトルも「Cutie Circuit 2007 ~都会っ子 純情~」と少し変えてありました(舞美ちゃんのMCより)。

初披露?の『私立共学』、ライブだとめちゃいいっす。すっごく℃-uteに似合ってます。リクエストで選ばれた『即 抱きしめて』も久々という意味ではありがたかったんですが、個人的には『まっさらなブルージ-ンズ』です。サーキット+まっさらの組み合わせだけで熱くなります。そして久々のノーマル間奏バージョンだったし☆
リクエスト上位曲を紹介するコーナーで、彼女たちサワリをさらっと歌ってたんですが、この時の歌の確かさにあらためて感心しました。

東京厚生年金会館という2000人収容のでかい器です。握手はないと思ってましたけど、実際あったので驚きました。それも比較的スローペースでした。舞美ちゃんにいつものお話を投げたら、確実に覚えてるっぽい反応が返ってきたので、次の大阪ではちょっと踏み込んでみます。


さ、ひき続き「Buono! デビュー記念イベント」。こちらは2階席を閉めてました。引いた席は22列下手。東京厚生の20列よりうしろの席は環境劣悪です。2階の方が絶対マシ。

期待通りキューティーガールズのテーマが流れて、マイマイ&ちーちゃん、そして梅しゃんが登場。梅しゃんのエリカ姫キャラ、最高でした。徐々に「テンション上げ子」キャラに変貌していき、最終的には「Buono!を呼ぼう!」でコール&レスポンス。

3人のソロコーナーで、愛理が『通学ベクトル』を歌ってくれました。ハンドマイクなのでちょっとやり辛そうでしたけど、本人が歌うがやっぱりいちばん♪Buono!イベはこれだけで期待以上の得点です。

Buono!イベも握手がありました。ってことは愛理は1日で3セット?!たいへんですね、頭が下がります。で、こちらも比較的スロー。℃-uteでの握手と違って「愛理だけ!」の方針が明確だったので楽でした。だから桃子さん雅さんとの「Buono!のリーダーって誰?」「ありがとうございました!」という不自然なやりとりも全く気にならないのでした。こういう面でも、℃-uteの子たちってホントにすごい。一方の愛理、「握手で手が痛くなってない?」「大丈夫ですよ!」そしてなんと手を離したところで「ガンバレ!」のポーズしてくれた!!!!かわいいのぉぉぉ・・・

嗣永桃子のスゴさを垣間見る部分もありましたが、℃-uteの魅力を再認識する日でありました。
業務中のひとコマ
この記事はブロとものみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。