FC2ブログ
高齢亜弥ヲタの活動記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カルビーのポテトチップス【開幕直前】
北京オリンピックはとある心情的信念からネガティブ傍観を決めております。
この件についてはあまり語りたくはありません。

とはいうものの、カルビーさんからこんなの発売されちゃ、傍観を通すわけにはいかないっす。

「期間限定 味の祭典!」ですって。迷わず買ってしまいましたわ。
金:カレー味
銀:チーズ味
銅:テリヤキ味
んー、王道っすね。ミンナダイスキ!

・・・・・・要するに、これといったネタがないんです。
スポンサーサイト
【先行抽選結果】松浦亜弥 Special Live 2008 at STB139
悲惨な被害状況を報告します。完敗に近いっす。

【公演別】
[31] 10/20(月)開場18:00開演19:30 当選5/申込8(62.5%)
[32] 10/21(火)開場18:00開演19:30 当選2/申込2(100.0%)
[33] 10/26(日)開場16:00開演17:00 当選0/申込0
[34] 10/26(日)開場19:30開演20:30 当選0/申込8(0.0%)
[35] 11/09(日)開場16:00開演17:00 当選0/申込6(0.0%)
[36] 11/09(日)開場19:30開演20:30 当選0/申込8(0.0%)

【個人別】
当選2/申込4(50.0%) 1名
当選1/申込4(25.0%) 5名
当選0/申込4(0.0%) 2名


【総合】
当選7/申込32(21.9%)


どの亜弥ヲタさんに聞いても、どの亜弥ヲタさんブログを見ても「きびしかった」。

ウチも同様ですが、とにかく申し込み方法を失敗しました。まんべんなく申し込んだところ、当選が初回に集中してしまいました。ま、それは結果論です。枠を貸していただいたヲタもだちのみなさん、ありがとうございました。

5公演に逝かせていただくつもりです。さー、これからが大変だ。
暑い日の妄想II
「II」を付けたので℃-uteでw

『涙の色』、好きです、というか、どんどん好きになってきてます。ライブじゃなくてCDの方。

現場系ヲタなのでずっとライブばかりに接してきてました。ライブだとダンスもあるし、その場面のテンションもあるし、℃-uteのみんなは高揚した歌い方をしてます。それは当然のことだし素晴らしいと思います。比較でいうとCDはライブより冷静な歌い方で、こっちを気に入ってます。メロディーは情熱的なんですが、℃-uteの歌もひとつひとつの楽器もとりたてて熱くなってはいない。アンサンブルで効果を出す手法っぽくて、おもしろいと思ってます。

この曲をもっとクールに歌うバージョンが欲しい。アレンジをボサとかにしてクールダウンさせるんじゃなく、同じオケの上に、今の彼女たちの考えるオトナな歌い方をのっけて。できればSっ気を垣間見せながら。

どこかでそういう機会がないかなー。ライブじゃムリだし、現状TVでなんか望めないし。妄想の世界で開催するしかなさそうだなー。
暑い日の妄想
STB139の松浦さんスペシャルライブ、当選しないっす。やっぱり松浦さんにしたら箱が小さすぎるんでしょう。
競争が激しいということはそれだけ求められてるということなんで、亜弥ヲタは喜びましょう。そんなSTB139公演、こんどはどんな松浦さんを見せていただけるのでしょうか。「Special Live」とうってきてるので、期待して当然です。

個人的な希望を言えば、heavyな、hardな、ゴリゴリの松浦亜弥を見たい。甘いのじゃなくて辛いやつ。悪い子の歌。もっと希望を言えば、カバーを聴きたい。あまり得意じゃない曲。今までの経験値にないようなやつ。

先日のFCイベでの「マニアックライブ」の流れももちろん素晴らしいのですが、直前は竹内まりやソングミュージカルだし、きっと今年もクリスマスディナーショーが続くと思われるので、ここでは違う一面を見たい。刺激も欲しい。

松浦さんの歌唱力とか説得力はもはや簡単に否定されるレベルではありません。が、僭越にもこの亜弥ヲタが考えるに、それは「素直な」表現からもたらされるものであって、これからは影の面の表現もできるようキャパを広げるべきなんです。ここらへんはキャラクターによる部分が大きいので、演技的にでもかまわない。魔女に近づくには重要でしょ。女社長には当然備わってなきゃいけない資質でしょ。

けどSTB139ってそういう箱じゃなさそうなんだよなー、別の機会なのかなー。
Berryz工房フェスティバル~2008夏~@ステラボール
『行け行けモンキーダンス』買ってません。なのに当選メールを受信してしまいました。
ヲタもだちからもらったシリアルナンバー1舞美の応募だけ。こういうもんなんだよな。いただきものだけに売ってしまうわけにもいかない。ここはひとつ覚悟を決めて、誰が「来て☆」と呼んでるのかを確かめに行くことにしました。

ベリの現場は、ワンダや合コンを別にして、たぶん2006年春の戸田に最前で入って以来。たまーにベリに対してアクションを起こすと、なぜか必ず良い引きになるのは何故だろう。そんな複雑な思いを胸に、2階席狙いで開演ギリギリに入場。思惑通り2階B列のほぼセンターを確保。ゆったりとした椅子に座って、まったりとお手並み拝見ということです。

たぶん『モンキーダンス』のフルサイズを聞いたことがなく、ましてやカップリングの曲名すら知らない入場者は私だけでしょう。初めて現場で聞かせていただきましたが、両方とも良いじゃないっすか。どっちがA面(CD時代でもこの表現で正しいはず)にふさわしいかの感想も多数派だと思います。3チームに分かれたゲーム、3公演目は特別にメンバーだけでやるってことらしいのですが、前2公演を見ていないのでどこが違うのか全くわからない。罰ゲームも特別とのことらしいけど、これも同じ。ただはっきりいえることは、こういうイベントは推しがいないとちっとも面白くない。申しわけないっす。

熊井さん桃さんと司会のキャプテンが連帯責任で罰ゲーム。モンキー衣装で握手会をこなすというもの。その握手会、こういう大規模イベントでは経験したことないほどユルかった。といっても何を話していいかさっぱり思いつかず、その場対応で挑んだんですが、ターゲットを桃さんと雅さんに絞ったところ、楽勝で会話3往復でした。雅さんとは4往復目からネタ切れでお互い話題に困ってしまうような状態。ごめん雅さん。さすがにそこまでねばると、続く熊井さん菅谷さんに影響出ますけども。しかしこのユルユルさはなんだったんだろ。

で、誰が呼んでくれたのかは結局わかりませんでした。雅さんだと思ってたんですが、どうも違うみたいです。握手の会話で波長が合わなかったからそう思い込んでるのかもです。なんにしろ、すいませんでした。と、何かに謝っておくべきだという気分です。
『江戸の手毬唄II』から話が脱線
先週のキューティーパーティーでOAされたのを聴いてます。

だんだん高音質のものが聴けるようになってきました。最初はMUSIC JAPANの公開収録現場で接しました。とても残念に感じました。だけど、別に贔屓目とかを抜きにして、少なくとも負のインパクトは感じなくなっています。当然、慣れというものはありますが、楽曲としてみたときに歌詞の世界観も含めて面白いなと思う気持ちが強くなってきた。モヤモヤした部分はあります。いったいどこをターゲットにしてるのか、豪華作詞作曲陣で何を狙っているのか、競作で話題性しか狙わないのか・・・等等、この曲をそして℃-uteをどうしたいのかよくわからん。この曲の存在は、絶対に既存の℃ヲタやハロヲタのためじゃないのはわかるんですけど・・・

ま、まもなく情報が出てくることでしょう。

似た話なんですが、ベリヲタさんたちの中で『行け行けモンキーダンス』が残念だって声が大きいみたいですが、私は全然そう思いません。たしかに歌詞に?はありますけど、じつによく構成されてる曲の部類だと思います。PVにしろ単純に面白いしカワイイし、強く印象に残る。たしかにあの中に推しがいたらどうなんだよと問われれば、「ビミョー」と返事せざるを得ないと思いますが、そうじゃなきゃ楽しいし良くできた曲だと思います。

たぶん中から目線と外から目線で評価が分かれる典型でしょう。そりゃもちろん双方から絶賛されるのがベストではありますが、そんなのってめったにあるもんじゃないっす。だけど実は、ハロプロって曲も売っていこうとするアイドルの集団だからこそ、ここらへんがいちばん重要なんだと思ってます。仮にソロであれば、どんな曲でも本人が自分流に解釈して表現していくことができるでしょうが、グループではそうはいきません。グループこそ楽曲が勝負のはずです。

だから、モーニング娘。、Berryz工房、℃-uteと、同じ販売戦略で核となるグループを3つも立てようとしてること自体、今のハロプロだったりUFだったりには無理なんじゃないかなと思います。そうするとしても、有効なブレーン補強は最低限必要。
カルビーのポテトチップス【初夏の彩り】
前回3月に続き、ポテチパッケージシリーズ第2弾w


簡単な話、ネタがないのだす。なので画像を並べてごまかそうとして・・・




間食はいっさい食べない生活です。じゃ、いつ食べてるのってことですが、酔っ払って帰るとき、途中のコンビニで買っちゃうんですよねー、なぜか。で、寝る前にバリバリと。勢いにまかせて一袋全部行っちゃうし。体に良いわけないのは十分承知してますが、体に悪いものほど美味しいっていうのは普遍の真理なのでして・・・

それにしてもパッケージを並べるときれいだな。次からはコイケヤさんたちにも参加をお願いしてみようかなw
予定変更
7月後半、ちょっと行動予定を変更します。

27日に名古屋までワンダを見に行くつもりでしたが、やめにします。代々木だけにしておきます。ホールの距離感で見たかったから予定に組んでいたのですが、届くチケどれもがアリーナとさして変わらない。これじゃ行く第一義がなくなってしまう。そもそも℃-uteでも遠征を控えようと決めたわけで、それより薄いワンダは代々木で納得すべきなのです。さて、チケをどうしようか。

21日、予想外の場所に出没してみようかと考えてます。なんと1舞美応募で当選してしまいました。正直、当惑してますw

亜弥紺とマニアックライブで充足してて、今は全く飢えてないっす。だから21日も誰かに譲ってしまうかも。
あややからあなたに大質問!!
箸にも棒にもひっかからなかった宿題、こんなことを書いて提出しました。

いつも温かい応援ありが10ございます。
ところで...
私のファンをやっていることに対してのご家族の反応は?


回答例?
表面上は全然問題ありません、松浦さんの場合は。
だけど、℃-uteちゃんに対しては・・・反応が怖いのでナイショにしています。

回答例?
私じゃありませんが、毎週末に家族に見つからないよう早朝にそっと家を抜け出して松浦さんのライブに通っている人を知ってます。念を押しておきますが、私じゃありません。

ぶっちゃけ...
私のイヤなところはどこですか?


回答例?
「亜弥ちゃん、ココは直した方がいいよねー」と勇気をふりしぼって言っても、すっぱり右から左に受け流してしまいそうなところ。

回答例?
下ネタ大好きなところ。ぜったいに中にオッサンが住んでる。ま、本人も自覚してるみたいなので、少しはマシです。


1つだけ私があなたのお願い聞いたげます。
何してほしいですか?


回答例?
吉田栄作さんのことはキッパリあきらめて、私のところに来てください。

回答例?
℃-uteの矢島舞美ちゃんを紹介してください!


松浦さん、ぶっちゃけた回答を求めていましたけど、スタッフさんはそうじゃなかったみたいですね。
松浦亜弥ファンの集い
12日大阪御堂会館、13日横浜BLITZ、各2の合計4公演、じっくりと聴かせていただきました。

「松浦亜弥のため」の「松浦亜弥ファン」の集いでした。

私みたいな「ここ数年の亜弥ちゃん、めちゃ良くなってる!」を感じてる人間向けのイベント(?)でした。もしくは「おっ? 松浦、変わったね」を肯定的に感じていただける方。だから、「あややはあややのままで」な方にはとてつもなくつまんない時間だったかもです。

そしていままでの慣例からして、ファンの集いであれば握手会やゲーム大会はつきものなので、それを目当てにしてた人も確実に大勢いらっしゃるはず。極端なところ松浦亜弥の歌なんか聞きたくもないという方もいらっしゃるはず。実際、握手がないので怒ってる人とかいましたし。

でも、それでいいと思います。松浦さんが行きたい道をはっきり示し続けているのは明確なので、それに共感しない方がいるのはあたりまえだし、それはそれで仕方ない。あらゆる人に早く知ってもらうのが最重要。ただ、今回のようにイベント趣旨を大きく変える場合はもっと事前に配慮が必要だったでしょう。

それとこれは肯定側からの希望なんですが、こういうライブにするんだったら御堂会館は会場として疑問です。2日目の横浜BLITZで最初の音が出たとき、その音の良さに驚きました。また、大阪のPAももう少し上等なのをお願いしたい。ボーカルにかけるエフェクト(ディレイ)のセッティングを絶対にミスってましたあれは。



さて、ステージには菊地氏・福長氏・鹿島氏の機材がセットされています。3人がスタンバイしたところで松浦さんが登場。グッズ写真で着ているのみたいなワンピースの下に、フリンジが可愛い白いスカート、白いブーツ。髪は明るい色にして前髪ぱっつん。すぐに曲に入ります。最初のMCで「マニアックライブ」宣言。ゲームやとりとめのないお喋りはしません、普段歌わないような曲を歌います。
はい、全面的に賛成です。願ったり叶ったりです。

10曲90分のアコースティックライブ。松浦さんが今、松浦ファンの前で歌いたい曲が厳選されてます。ムダなんかあるわけがない。今回はおそらく意図的にシングル曲封印。FCイベで歌ってほしい曲投票の結果も気になるところです。

めずらしくセットリストを書いてみたりします。

m01 Rock My Body(Naked Songs)
-MC1-
m02 ダイアリー(T・W・O)
m03 待ち合わせ(ドッキドキ! LOVE メール)
-MC2 宿題「あややからあなたにに大質問!!」の回答紹介-
m04 私のすごい方法(First Kiss)
m05 風にまかせて(ダブルレインボウ)
-MC3-
m06 灯台(ダブルレインボウ)
-MC4-
m07 ハピネス(砂を噛むように・・・NAMIDA)
m08 初恋(風信子)
-MC5(得票1位『dearest.』について)-
m09 dearest.(Naked Songs)

encore
-MC6-
m10 花いちもんめ(洋服の青山CMソング)
-MC7(今後の活動紹介)-

素晴らしい。マジで聴きたい曲ばかり。4公演全部の参加権利を確保してるしあわせを実感しました。どこをどう取り出しても鳥肌もの。しいてあげれば「あややからあなたにに大質問!!」コーナーが冗長すぎたかな、ってくらいです。ここらへん、私の言葉でいろいろ伝えるよりも、この松浦さんへのインタビュー記事があれば、今回の集いの空気や松浦さんの気持ちがわかると思うので、紹介しておきます。
[hotexpress] 松浦亜弥 インタビュー 特にここらへん
(コピー)

最後の最後に今後の活動についての言及があるんですが、松浦さん、話を小出しにしすぎです。こういうのはきちんとまとめて、全員に伝わるようにした方がいいです。あたしがここに4公演分を代理でまとめておきます。

■竹内まりやソングミュージカル関連
まりやさんとはもうメル友になっちゃいました。とっても素敵なメールをいただきました。
まりやさんにフジテレビからオファーがあった時、そういうことはこれまでずっとお断りしてきたんですが、今年が歌手生活30年という区切りでもあるし、どうせやるならあややがいいと、夫婦揃って決めました、と。あややがだめならお話ごとお断りするつもりでおりました、と。
本当にすごくうれしかった。
(これ、何割かが社交辞令だったとしても、めちゃモチベーションが上がる話です。)

まりやさんは、どうしても歌っているあややを見たくて、わざわざ姫路のライブまで来てくださいました。昼公演をご覧になって、とても気に入ってくださいました。まりやさんのブログでも紹介してくださったの、みんな知ってる?
Mariya's Blog「Pholog」 (コピー)

私にとっても大きなチャンスです。まりやさんだけじゃなく、旦那さん(山下達郎氏)にもOKを出してもらえるように。自分自身も楽しんで。私のファンだけじゃなく、まりやさんのファンの方やいろんな人に聴いてもらえるように、大勢の人が思い出を持っている名曲の数々を歌わせていただきます。

■STB139ライブ関連
ミュージカルのあと、10月後半から11月にかけて、スゴいのを考えてます。とにかくたくさん歌っていこうと、ちょっと新しいことを考えてます。やりたい放題やらせてもらうから。それも今までにないぶっ飛んだ発想で、ひとつちょっと考えてるんので。みんなとよりキャッチボールしてきたいな。アップフロントのTOPに言ったら、OKサインが出てしまって、自分でも今、ハラハラドキドキです。
(たぶんライブ日程とかが発表されているのを知らないのだと思われる。)

■創作活動について
自分の言葉で伝えたいと思う部分があって、少しずつ詞をかきためています。まだ恥ずかしくて、自分でなかなかGOサインを出せないんですけど、整理がついたら「作詞:松浦亜弥」というものを出していきたいんです。


すごくいいかんじで動いています。

お願い。FCで募った「歌ってほしい曲」の投票結果をきちんと教えてください。1位『dearest.』2位『初恋』6位『風にまかせて』・・・あとは? ぜひとも知りたい。

それと、イベントの中で出てきた企画、ヲタバンドはぜひやっていただきたい。少なくとも3パートでエントリーしよう。おし、練習するぞw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。