FC2ブログ
高齢亜弥ヲタの活動記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暑中お見舞い申し上げます
ここまでさんざんキャンディーズに言及してきてるし、バレてることはとっくにバレてるはずなので、隠しません。

両世代、現役です(恥)。


6月24日発売の℃-uteの9番目のシングルは『暑中お見舞い申し上げます』で、キャンディーズのカバーですって。本日の八王子で舞美ちゃんから発表されました。夜公演だけの出席だったのですが、連番のボノさんはじめヲタもだちのみなさんは、私にこの発表の衝撃を損なわせないよう、慎重にネタバレを防いでくださいました。ありがとうございました。

驚くというより、感慨深い。そっか、℃-uteがキャンディーズか。。。

あの頃は黄色のミキちゃんだったけど、今も黄色のえりかちゃんにがっついてるわ…

とか浸る部分はありますが、まずそもそもなぜここでカバーなの?という疑問符です。ま、良い方に考えるようにします。栞菜が休んでる間はこういうので勉強しておくのだとか、何かのタイアップでこうなったんじゃなかろうかとか、ゲキハロに関係ある曲だからじゃなかろうかとか。

別な側面からいうと、なんか℃-uteは自分を一本釣りしてるように思えてきます。この曲にズバリ引っかかる℃ヲタはさすがに自分だけじゃないにしろ、いても数人でしょ。目の前にエサがおりてきた。こっちからは舞美ちゃんのかえりかちゃんのか見えないけど、まぎれもなく大好物。さ、パクっと食いつこう。


ところで、実際の現場では紙テープを投げてもいいんだろうか。オリジナルのリアリティを出すには必須なんだけど、どう考えてもNGだよな。
スポンサーサイト
愛理誕生日紺@愛理の地元の千葉県
℃-uteの現場でヲタTを着る場合は、8人時代のものに限っています。
めぐヲタだった者としてのささやかなこだわりです。とはいえ℃-ute DDです。自宅のどこかに愛理13才のTシャツがあるはずです。今日に限っては緑のTシャツを着て出ればよかった。

遅れて手配した夜公演3階席、立ち最前の2列からみる地上の人口分布は異常でした。緑が80%ほどで、他の色のTは全く存在感がありません。笑っちゃいました。

ヲタ企画としてアンコールを緑サイで染めることになっていたのですが、そこはさすが℃-ute、先手を打ってきました。知ってます子さんが「知ってます、次の曲で会場中が緑色になるのを知ってます」とかおっしゃるもんだから、あわてて緑サイを取り出すヲタどもw

エンディング前のMCで「舞美ちゃん、ちょっとごめん」と言ってなっきぃが舞台そでに引っ込みます。残った5人で困惑気味に間をもたせているので、こりゃメンバーにも知らされてないサプライズかなと妄想します。「バースデーケーキのワゴンを押して登場」→「カラオケマシンを押して登場。もちろんそこには栞菜が乗ってる(涙)」…妄想とは困った方向にふくらむものなのです。結局、足がつってしまったことが判明し、続く1曲半はなっきぃ欠場という事態。突然のフォーメーション変更にこれ以上ない対応をしてくれたのですが、8人からついに5人になってしまった光景は衝撃的でした。

アンコールの緑サイも「HAPPY BIRTHDAY」合唱も上手くいったのですが、ハプニングはあったけどこれといったサプライズもなくライブは終了しました。客電が点いて客が引き始めた頃合いに、再び暗転して愛理が登場。そして15才の女の子のものとは思えない、堂々として、だけどとても愛理らしいコメント。みんなすごくしあわせな気分で家路につきました。こういうの、いいな。某モノマネ芸人のコメントなんて、金を積まれても欲しくないものだわ。


さて松戸2days4公演のうち、半分にあたる初回と最終回に出ました。要所を押さえたはずなのですが、ヲタ飲み会で驚くべき事実を知らされました。なんと、あの曲のあのパートは回り持ちなんですって?! あたしゃマイマイ姉さんのしか見てません。そればかりか、あのMCでの掛け合いは交代制なんですって? あたしゃ舞美ちゃんとなっきぃのしか見てません。2回見て2回とも同じ組み合わせだったから、そんなことになっていようとは夢にも思ってませんでした。

満足してちゃいけなかったんだ。思ったより奥が深いぞ!やり残しがまだまだたくさんあるぞ!
AB℃初日@松戸
FCから届くチケはテンション下がる席ばかり。おまけに11日の夜に用事が入るし。栞菜は休業中だけど、下げ子はバリバリ活動してるみたいです。けどそんなのには負けてられません。11日夜はすっぱりあきらめて12日夜を追加で手配しました。11日昼は前方の席に手配しなおしました。


いよいよ℃-uteの春ツアーの開幕です。ハローに限らずいろいろな現場に顔を出してはいますが、とにかく亜弥ちゃんであり℃-uteでありのホーム現場を待ち望んでいました。リリースされたアルバムは抜群の出来です。開幕にあわせて発売されるシングルはc/wともどもお気に入りです。「過剰な期待は禁物です!」という、姫からのいましめが頭をよぎりますし、ハードルを上げ過ぎちゃいかんという自制心も働きます。けど・・・

℃-uteはそれを超えてきました。

歌とかダンスとか、芸能の側面はもちろんですけど、迫力が備わってきました。見てて「スゲーっ!!」と感嘆する場面がたくさんあるでしょ。あれです。自分なんか、1曲目からいきなりパンツスタイルにスゲーと思って、クールなダンスの後姿にスゲーと思って、もうありとあらゆる場面でオーラを感じて。ソロ曲であっても、℃-uteが一丸となってアピールしてきてるように感じるのが不思議。

それとは別に、℃-uteとスタッフとファンの3者が共鳴してる部分が多いと感じます。推しを目の前にすれば楽しく嬉しいのはあたりまえで、それを上手く盛り上げれるかどうかがスタッフの手腕。完璧じゃないですけど、このツアーも℃-uteスタッフは素晴らしい仕事をしています。半年ほど前から感じていた良い流れは錯覚じゃなかった。

℃-uteって、カワイイだけのアイドルユニットじゃないっす。ハロプロだけの中じゃわかんないでしょう。MJとかのアウェイ現場で比較してみるとわかります。オンリーワンとして光れる要素を持ちはじめてます。
POLYSICS@渋谷 CLUB QUATTRO
購入者限定スペシャルライブ~お買い上げありがとうございます。OR DIE!!!!~、700人限定ということですが、無事というか思惑以上に当選したので、喜んで出席させていただきました。

チケを発券してみたところ、これが最前確実な整理番号。とはいえ平日18時の開場に間に合うはずがなく、それにあの渦の中に飛び込む体力もあるはずがなく、冷静に判断してきちんと定時まで仕事をしてかけつけました。

このスペシャルライブ、申し込み時に演奏してほしいレア曲を投票し、上位3曲を実際に演奏するという前ぶれでした。ところが実際は2部構成になっていて、前半1時間は投票ベスト10を全曲。はじめてライブでやるという曲もいくつか入っていて、マニアにはたまらん内容だったんじゃないでしょうか。後半は定番中の定番をぎゅっと凝縮した40分。アンコールもあわせてトータル約2時間。非常に充実していました。いやものすごかったです。

前半はレア曲にまつわるエピソードとか、MCが盛りだくさんでした。普段は基本的に「トイス!!!」しかないわけで、こういう空気もレア。

だけど全国ツアー終盤のあわただしい中、この1回だけの貴重なライブのために、レア曲10曲の打ち込みトラックを作ってリハしてと、ものすごく大変だったんじゃないかと思います。いっぱい間違えたとか言ってましたが、どれも素晴らしいクオリティでした。さすがです。

で、チケット半券の裏に名前を書いておくと、次回CDのブックレットに掲載されるという仕組み。もちろんそこに亜弥ヲタの名前も載ることになります。すぐわかるような名前にしておきました。これも楽しみだわw
MUSIC JAPAN@NHKホール
桜満開4月最初の月曜日、なっきぃはひょっとしたら入学式帰りの仕事だったかもなのです。そして療養中の栞菜も。

1st『桜チラリ』 POPJAM 2007/2/26収録を観覧
2nd『めぐる恋の季節』 MUSIC JAPAN 2007/7/2収録を観覧
3rd『都会っ子純情』 MUSIC JAPAN 2007/10/1収録を観覧
4th『LALALA幸せの歌』 公開収録なし
5th『涙の色』 公開収録なし
6th『江戸の手毬唄II』 MUSIC JAPAN 2008/6/30収録を観覧
7th『FOREVER LOVE』 公開収録なし

という流れがあります。8th『Bye Bye Bye!』のベタなファンクが大のお気に入りです。なので出席に最大の努力をするのは当然です。観覧抽選はハズれましたが、なんとかしました。業務を定時で終了後ダッシュでかけつけ18:30到着、もらった席は2階2列のマジ端。行列してないのにとても良い席をいただけました。℃-uteちゃんありがとう。

℃-uteは3番目に登場。ジャケ写の衣装です。なんかみんな背が高くなったように感じました。6人の℃-uteとしては初登場なのかな?『Bye Bye Bye!』はこれが初披露になるのかな? 前回の手毬唄の時とはちがって、曲を十分理解しています。見るべき事、聴くべき事、やるべき事、大丈夫です。

栞菜がいない違和感は不思議なほどありませんでした。この曲がそういう作りになっているせいでしょう。以前の曲だと違う感想になるはずです。今回はこれでOK。そしてやっぱこの曲、好きだ。後席を気にせず壁を背にして動けるので、真剣に対応させていただきました。それにしても、いつもながら短い…

今回はとりわけ出演者が豪華でした。トップがコブクロで次がしょこたん。℃-uteの後もBENI(安良城紅)、GND、AKB、リンドバーグ、alan、nobodyknows、玉木宏、つるの剛士、水樹奈々、Perfume、西川貴教のユニット、ほかで計17組。知らなかったのは新人3組。

GND、へたくそな歌だなーとか思って聞いてたら、やっぱりやり直しが入りました。で、リンドバーグ!!ひょっとして復活後初登場?しかも『今すぐKISS ME』なんか演ってくれて。

恥ずかしながら全くの世間知らずだったのですが、水樹奈々さんの人気ってすさまじいっすね。人気というより、推しがといった方が正確かも。ハロとかAKBの先鋭的なヲタさんたちがごっそり流れてるんじゃないかという雰囲気。何の人?声優さん?…すみません、1曲も聞いたことないっす。そしてPerfume、今回もやっぱり、どこが良いのかさっぱりわかりませんでした。

今回の収録って、さすがNHKと思わせるものがありました。こんなのばかりなら、受信料をちゃんと払ってる価値があるってものです。だから、ちゃんと払うから、当選ハガキおくれよ。
地域密着型花見スポットめぐり
正午に雪谷大塚で用事が終わり、天気も良くて暖かいので、何気なく中原街道を都心方面に向けて歩きはじめました。

洗足池公園
花見客でごったがえす洗足池公園。スワンボートの浮かぶ池を一周してみた。露店がたくさん並んで、ベタな花見宴会モード。残念ながら、提灯はない。

立会道路昭和大学病院付近
旗の台、昭和大学病院あたり。桜並木の立会道路がとてもよい感じなので、中原街道をはずれて、こっちを歩くことに。

西小山さくら祭の提灯
中原街道と東急目黒線の間の立会道路は、西小山さくら祭の提灯が並ぶ。しかしここのは広告が入っていない。

立会道路西小山付近
西小山をちょっと過ぎて目黒区に入ったあたりの立会道路。桜並木がこんもりとしてる。ここらへんは提灯がない。

目黒不動
林試の森を抜けて目黒不動へ。門前の参道にはお店の名前の入った提灯が並ぶが、小さめで自由度は全くない。

娘。@目黒ホンダ
一部ののモーヲタには知られてるスポット、目黒ホンダ。2009年の今も、4期メンが加入したばかりのモー娘。が表通りを見おろしている。ここは山手線目黒駅から徒歩10分ほどの大都会。これも一種の花見w

目黒川桜まつり
先週の数倍の人出でにぎやかな、目黒川の桜並木。ここの並木は規模も整備も立派だと思う。注力している目黒区とそうでない品川区の差が、境界線ではっきりとわかる。

とんかつ娘。@目黒川
今週も元気なとんかつ娘。。これがマジなのか冗談なのか、わからない。目黒川桜まつりは提灯ウォッチという付加価値もあって素晴らしいw

西五反田の桜トンネル
西五反田の桜トンネル。駅から1分、オフィス街のど真ん中にあるのだが、とても雰囲気が良い。そしてこの付近はデリバリ系の事務所wがたくさんあって、キレーなお姉さん方が多い。

ぽかぽかぷらぷらてくてく、最終的に亜弥ヲタの棲家に到着。ランチをはさんで3時間ほど、健康的。

【発見】桜並木は区境を越えて続いても、提灯は途切れる。
【結論】提灯の運用は目黒川が圧倒的に優位にある!
℃-uteに対するモチベーション
いよいよ来週から℃-ute春ツアーが始まります。やっとです。が、届いた初日松戸のチケ、悲惨なものでした。

昼が30列、夜が3階。めっちゃテンション下がります。おまけに11日夜は用事が入って出れないことに。席がひどすぎることもあって、さっさと譲ってしまいました。それとは別に、4月中旬からゴールデンウィークにかけて、面倒な仕事にからむことになりました。現状、休みが確定できません。八王子と中野、そして『Bye Bye Bye!』イベがキケンです。ますますテンション下がります。

こんなことじゃいかん。

6日のMUSIC JAPAN、観覧に行く!
11日の初日、もうちょっと前で見る!
12日愛理誕生日、夜だけでも出る!

スケジュールが見えている近い部分から、モチベーション高める意味も含めて、動く。
AYAWAYはどこ?
3月31日にエルダメンバーがハロプロを卒業ということは、あたりまえながら裏返せば4月1日は、新しいハロプロだったり亜弥ちゃん・メロン・卒メンのリスタートなわけです。

自分に限らず普通の経済感覚の持ち主であれば、この出発にあわせて最大の成果が得られるよう準備します。4月1日の0:00に新しいFCのサイトを立ち上げ、心機一転の情報発信を始めます。急に決まった話じゃないです、半年前から関係者全員知ってることです。そのメンテのために一時閉鎖が必要ならば、3月31日までに済ませます。

ところが某社さんは、4月1日になってから作業なさるんですね。AYAWAYがどこに出来るのかわかりませんが、それっぽいモールシティは2日いっぱいメンテですって。

そういうのは企業体質からくる現象なんだろうとは思いますが、せっかくの気勢を自らそぐようなことは、もうやめた方がいいと思います。これからの事よりも過去の栄光にすがる体質なんじゃないっすかね、それも大事ではありますけど。

新年度早々も価値観のズレに戸惑ってます。これに慣れろといわれても無理です。

松浦亜弥に直に投資するにはどうしたらいいのか、真面目に考えてみます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。