FC2ブログ
高齢亜弥ヲタの活動記録
松浦亜弥X'masディナーショー2009@品川プリンスホテル
現場でのヲタ活動を初めて7年目が暮れようとしてます。このたび、初めて「全部セット」なるものを購入いたしましたっ!!このグッズに執着薄いヲタが。それほど最近は亜弥ちゃんの露出が少ないってことです。


やってきました年末のディナーショーシーズン。4年目ともなると、亜弥ヲタたちには午後からコース2食という暴力への耐性が備わってきましたw 今回みたく昼と夜で料理が変わると、なんか感謝に近い気持ちが生まれてしまう。それはそれとして、今年は品川での1日2公演のみとはちょっとさびしいっす。特に今年のセットリストはよかったし。


だ・け・ど、いつもアタリを引けるとは限りません。これだけ回数を重ねるとハズレも引きます。今回はそんな感想。


1回目は端だけど4列で良かったんですが、2回目は14列。後ろから5列でFC席としてみれば最悪周辺を引いてしまいました。ま、それだけなら割り切って楽しむ気にもなれたのですが、とにかく接客が最悪。隣席の方のウェルカムドリンクの注文を聞きにこないばかりか、シャンペン給仕も忘れてるし、配膳も最後だし、やっとパンを持ってきたのが肉料理の前だし、結局最後まで一度もドリンクの注文を聞きに来なかったし、呼んでスペシャルドリンクの「100回のKISS」を注文すると「3種類ありますが」とか間違った対応するし、最悪。品川プリンスの大人数へのそつない接客についてはいつも感心してたのですが、その評価はゼロに戻します。亜弥ちゃんのショーがなければ、マジで金返せの部類です。


さて本質のショーについて。シルクハットをかぶって登場した亜弥ちゃん、エクステ使ってるのかはたまたウィッグか、長い髪を真ん中で束ねてます。衣装は、簡単に言うと黒いフィギアスケート衣装あるいは新体操レオタード。いちばんの押し出しは「インパクト」のように思いました。

そしてすばらしいセットリストだったと思います。好きだわ。あえてアラを探すなら『dearest.』は最後にもってくる曲じゃないと思います。自分なら1曲目に持ってきて一気に松浦ワールドを作るのに使います。ま、それはそれとして、ひさびさの『気が付けば』とか『ずっと好き』とか、あらためていい曲だわー。

ではありますが、ライブそのものの完成度は低かった。客席巡回の曲は『LOVE涙色行進曲』だと思ってしまいました。早足で歩き回らなきゃいけない亜弥ちゃん、そんな歌い方になっていました。そして2公演とも歌詞とばしが多かった。夜公演の『LOVE涙色』は半分程度しか歌えてなかったんじゃないでしょうか。


それと1公演目の『dearest.』はヒドかった。歌いだしのタイミングがピアノと合わず、サポートする目的だと思うのですが中途半端にドラムが1コーラス目から入ってきてました。こんなアレンジに変わったのかとガッカリしてました。2公演目には元にもどって、クオリティ高いものだったので安心しましたけど。

というように、熟成不足が非常に目立った公演だったと思います。もっと回数を重ねれば確実に良くなるはずですけど、一発勝負に近い2公演のみで、悪い面が出現してしまったんだと思います。あきらかにリハ不足。

松浦亜弥にどこまでのクオリティを要求するかによって、ここらへんの評価は変わってくるとは思います。自分にとっては、残念な2公演でした。同じ感想を持った人が少ないことを祈ります。

2009年最後の松浦亜弥のライブに対する感想が、こういう調子になってしまったのはとても残念です。ま、最初に述べたように、たまにはハズレも引くという考え方でいますけど。
スポンサーサイト