FC2ブログ
高齢亜弥ヲタの活動記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AYAWAYジャージ
これほど残念な買い物をしたという記憶は、あまりない。


AYAWAYの会員限定ジャージ、上下で2万円。ジャージとしては高価だけど、極小ロットであることを考えるとこれくらいは許容範囲の上限かな、ということで注文した。そこに亜弥ちゃんこだわりのレインボーファスナーだとか親指穴付きフライスとかを織り込むと、、ジャージとしてきちんとしたクオリティのものを作るとしたら、2万円というのは妥当な価格だなと判断した。良くなる要素として、完全受注生産で前払い直販という条件面を考慮すると、より良い完成度を追う方向にコストを回す余裕もあるはず、と思っていた。




ところが見事に裏切られた。開封して一目で、ジャージを作った経験のないところに外注したのがわかる。まず生地のクオリティからして、スポーツの環境に全く対応できないもの。たたまれた状態でも、ジャケット裾のフライスがデロデロなのがわかる。羽織ってみたところ、本体生地が裾フライスの重量に耐えられず、吊られる縦ジワがでる。身頃の丈が長すぎる反面、袖が短すぎる。自慢の親指穴を使おうとすると、袖丈が足りなくなってしまう。パターンが悪すぎるし、そもそもシルエットがカッコ悪い。

品質クロスに書かれた外注先をググってみたところ、案の定だった。


結局のところ、買う側の気持ちは考えない、シロウトさんのモノ作りなんだわな。失敗した。
スポンサーサイト
閉館後の様子
かなりさびしいものがある。


当然のように入口には柵がされて、関係者以外は立ち入れない。これまではほとんど使われたことがないであろう、正面のシャッターがおりている。ここらへんでたむろして開演を待ってたわけで。

バス停の名称もさっそく変更されている。ま、このバス停を使ったことはないのでそんなに感慨はないのではあるが、世の中から消えていく過程にあるのを感じる。

さようなら。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。