FC2ブログ
高齢亜弥ヲタの活動記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/11/26
この記事はブロとものみ閲覧できます
Juicy crew @代官山LOOP
o0800118511624643542.jpg2月に見させてもらって、これで終わらせちゃもったいなさすぎると感じていたJuicy crew。またライブがあるというので仕事終わりでかけつけた。20:30に入店、20:50予定ほぼぴったりにスタート。

インフルエンザでマリーさんが欠席なのは惜しいが、そんなことは全く感じさせない、まさにプロフェショナルな楽しく素晴らしいステージ。まさにこういうのを演りたいというド真ん中。いいわ。音源未発表なのが本当にもどかしい。次回あればまたぜひ。

o0800059811635126931.jpg o0800053311635126929.jpg
フロアの前の方で楽しませていただいたわけだけど、ジルデコBlogの画像で思いっきり晒されてるw
2011/11/23
この記事はブロとものみ閲覧できます
「ゆうきのつばさ2011」公開生放送@トレッサ横浜
111123yuukinotsubasa.jpg正直おっくうな気分はあったのだが、2月以来の8ヶ月ぶりという亜弥ちゃんの現場なので、とにかくマジヲタとしては行ってきた。11時半から開会式があったらしいが知らず、12:30頃到着。すでに予想以上の人だったが、どんどん増えてすごいことになった。ステージ目の前のVIP席に入れろと交渉する人が後を絶たず、その99%がマダム。やっぱり本来のハロヲタは基本的に行儀良い。

ユースト中継用PCのすぐ後ろから。亜弥ちゃんの出番は13時台後半とエンディング。『きずな』をワンコーラス歌うだけで、トークはほとんどなし。これが終わると人がさっと引いていき、堀内氏の『遠くで汽笛を聞きながら』が終わると半分ほどに減った。障害のある子供たち2チームのパフォーマンス(気持ちよく暖かくて驚いた)の後は30分ほど放置され、エンディングで『愛は勝つ』を全員で。
2011112315010000.jpg
短時間なのだがとにかく久々に亜弥ちゃんに会えたのは大きい。『愛は勝つ』を歌いながらきめ細かく客に目線を送り、誰がいるか確認してるみたいだった。

そもそも期待のハードルは低かったので、とても楽しい気分で過ごせた。けどこのメンバーで全くトークをからませないのは非常にもったいないと思う。そういった意味で、楽屋はめちゃ楽しかっただろな。
2011/11/20
この記事はブロとものみ閲覧できます
e-LineUP!矢島舞美イベント @パシフィックヘブン
111119maimi8.jpg3ヶ月連続リリースDVD購入者特典トークイベント。パシフィックヘブンは久々で、この場所はやっぱ特別なものがあるよな。70人キャパで本日は30分7回まわしの5回目へ。3列目のど真ん中通路席で、舞美ちゃんと向かい合いのとーってもしあわせなひと時だった。

DVD撮影の裏話と、ボックスから引いたテーマに沿ったトーク。「演技」では『らん』の殺陣での苦労話。「本」では最近感動した本のあらすじを必死で伝えようと努力。「熊井友理奈」では天然舞美が天然熊井ちゃんを語る。

握手は予想に反して超スロー。いつもの質問も肯定してくれたし、「でもトークは上手くいったでしょ?」とかいう発言まで引き出せて、非常に有意義だった。

矢島舞美、非の打ち所がないといったら嘘になる。とにかくワーストクラスの雨女だし。けどそれ以外にこれといった欠点が見当たらない。こっちの心も浄化されるようだ。

111119maimi1.jpg 111119maimi2.jpg 111119maimi3.jpg 111119maimi4.jpg 111119maimi5.jpg 111119maimi6.jpg 111119maimi7.jpg
℃ーなっちゃうのよ 夢☆コラボ 鈴木愛理・岡井千聖 @横浜BLITZ
こちらは10月に続いて追加公演も。おとといは使われなかった2階席から。ま、1階の後ろよりは見やすい席だということで。実際見やすくて、前回の山野ホールよりも近い感覚だった。

とにかくこのふたりの向上心はすばらしいと感銘を受けた。前回よりもあきらかに上を目指している。基本的な歌唱力を備えた上でいろいろチャレンジしてる。表現力が勝負の楽曲に挑戦している。なんかまだ自分のことに精一杯なところが垣間見えて、リハ不足な感は否めない。お互いに目線を送るくらいまでいけば、もっともっと良くなるなずだよ愛理千聖。

握手では、愛理にはちさあいの攻めのスタンスに対する賛辞を、千聖ちゃんにはファルセットの音量への賛辞を。

こういうの、迷いなく推せるわ。これで終わらずに活動を続けてほしい。リーダーも決めてねw
℃ーなっちゃうのよ 夢☆コラボ 矢島舞美・中島早貴・萩原舞 @横浜BLITZ
10月に見れなかったので追加公演で。達郎氏の最前に続いてB列とかが届いたので、ゼイタクが染み付かないように気をつける。

どうしてもちさあいと比較してしまうなー。そうした時にナカジマと舞ちゃんのスタンスが気になるよな。とくに舞ちゃん、MCも身内向きになりすぎ。FCイベだからという甘えもあるのだろうけど、人前でやっちゃいけないレベルなんじゃないかと非常に気になった。舞美ちゃんがちょっとかわいそうだったのが正直な感想。

握手会ではハモりにネタを絞った。「もっとがんがんハモろうよ」舞ちゃん「えー!」ナカジマ「ムリムリムリムリ!」舞美ちゃん「けど今日間違っちゃって」。舞美ちゃん、いつもの質問に平常ならきちんと回答してくれるのだが、今日に限って答えを出せなかったということは、かなりヘコんでいるんだろな。
山下達郎 Performance 2011-2012 @ベイシア文化ホール
2011111317390001.jpgFC先行で確保できたのは2012年4月の公演。そんな先まで待ちきれないので申し込んだ一般先行の首都圏で唯一当選したのが前橋。ちょっと遠いしどうしようかな、とか思ってて発券してみたらなんと最前列。ありがたく使わせていただいた。

このあと60以上の公演を控えたツアーの3公演目でもあり、達郎氏からはネタバレ禁止令が発せられている。当然ながらそれに従う。

このホールはステージが低く距離も近いので、最前の醍醐味を存分に味あわせていただいた。足元に置かれたセットリストが見えるのだが、固い意志で見ないようにした。ホリゾントの効果とかが見えなくて近いぶん犠牲になるところもあり満足しきれない部分はあるのだが、それを言うのはゼイタクである。けど機材にさえぎられて佐橋氏のプレイをほとんど見れなかったのは残念だったとゆいたいのです。

内容ぎっしりのツアーパンフとか会場限定仕様CDとか魅力的なグッズがあったのだが、列がとんでもない長さで、帰りの電車に間に合わなくなるのであきらめた。

次回は半年後。そこまでにもう1公演でもチケットが取れないだろうか、かなり困難っぽいな。
2011/11/12
この記事はブロとものみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。